人気の試食モニターバイト体験談 

私は学生時代にいろんな短期バイトを経験しましたが、中でも試食モニターの単発バイトが一番楽なアルバイトだと思いました。試食モニターとは調査会社がたまに募集している単発のアルバイトで、サンプルを飲食してアンケートに回答するというものです。それを調査会社が集計し、食品会社は消費者の意見を集めて商品開発や改善に役立てるのです。
2919baaa234b0a84b7fc8cc35245e6a2_s.jpg
ある時の試食モニターバイトは、サラダを食べてその感想を回答するというものでした。パッケージに入っている2種類のサラダを実際に食べて、彩りの良さ、具材のバランス、ドレッシングの美味しさなどを、マークシート式で評価していきました。
食に関するアルバイトというと、料理の経験や的確な味覚が求められそうなものですが、試食モニターバイトに関してはそういったものは一切必要ありませんでした。あくまでも調査では一般大衆の意見を求めているので、自分が感じたままにアンケートに回答すればいいというスタンスでした。
また、アンケートによっては、「改善すべき点を自由に書いてください」「あなたならこの商品にどんなキャッチフレーズをつけますか?」みたいに自由に筆記する項目があることもあります。そういった項目については特別な文才は求められていません。正解はありませんし、思いついた通りに書くだけでOKです。


私はもともと食べるのが好きでしたし、アイデアを出すのが好きなので、試食モニターをしている時間は幸せでした。自分が回答したアンケ―トが、今後の商品開発のためにごくわずかでも参考資料になるのかなと思うと、微力ながら社会貢献できたと感じられることも幸せに思っていました。
試食モニターバイトでアンケートに回答し終わると謝礼金という形で日当をいただきます。案件にもよりますが交通費込で1500円~4000円くらいの日当でした。遠方から来る方は交通費が出ないので大した稼ぎにならないでしょうが、近くに住んでいる人なら、お金をもらってタダで飲食をできるので本当にお得で楽なアルバイトだと思います。
また、普段当たり前のように食べている食材や料理いついて色々な観点から眺められるというのも、貴重な体験だったと思います。どこにでもあるような商品でも、パッケージから調味料に至るまで、いろんなことが考えられて消費者がより美味しく食べられるように研究がなされているのを知ったのも試食モニターのアルバイトがきっかけでした。
試食モニターのアルバイトにありつくためには、調査会社に登録して案件を見つけたら応募するという流れが一般的です。ただ、応募しても毎回のように参加できるとは限りません。案件にもよりますが応募者が殺到するので、一般的に当選する確率は低いと考えておいた方がよいと思います。それだけ試食モニターバイトは人気が高かったりするのです。ですから、複数の調査会社に登録して出来るだけ多く応募するのが良いと思います。
  (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク