インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

仕事がラクで時給が高い!家庭教師バイト

私は家庭教師のアルバイトが一番楽なアルバイトだと思います。何故なら、体力的に精神的にも楽な仕事だと思うからです。
仕事がラクで時給が高い!家庭教師バイト
私は家庭教師バイトをするまでは、大型の温泉旅館でアルバイトをしていました。それはそれはしんどい仕事でした。人手不足ということもあってか、配膳、ベッドメイキング、フロント、調理、掃除などなど次から次へと仕事を指示されました。もちろん立ちっぱなしで休憩などありません。さらに、リーダーであるバイトの先輩がキツイ人で、毎回のように怒鳴られ人格を否定されるような言葉で罵倒されました。
あるときは座布団にひっかかってお茶を少しこぼしたときなど、「なにやっとるじゃ!ぼけ!」と足で思い切り蹴飛ばされたこともありました。あまりの痛さにしばらくその場から立てず泣いてしまったのを思えています。毎回、ヘトヘトになって帰っていました。しかし、バイトをしないと生活をしていけなかったので「もうどうにでもなれ」と思いながらバイトに出向いていました。体力的にも精神的にもとにかくきつかったですね。
私が精神的に滅入ってしまいかけていたときのことでした。高校時代の先輩から電話がかかってきて「家庭教師のバイトやってみない?」と聞かれました。話を聞くと、先輩は翌年就職活動で、東京に行く日が多くなるということで、家庭教師を辞めようと考えていたのです。ただ、教え子が来年受験だから、信頼できる人に引き継ぎたいということでした。
私は旅館バイトのスケジュールのことが気になりましたが、先輩の頼みでもありますし、「いいですよ。やってみます」と答えました。
家庭教師バイトの初日は先輩と一緒に生徒さん宅に足を運び、いわゆる引継ぎの作業を行いました。生徒さんは、よほどがんばらないと志望校に合格できないレベルでした。先輩は生徒さんが問題を解いている間も、真剣に参考書を読み懸命に教えていました。
帰り道、「勉強教えるって結構大変だろ?」と先輩に聞かれ、とっさに「ええ、そうですね」と答えました。確かに大変と言えばそう思えなくもない面もありました、しかし、私がそのとき心の中で思っていたのは「こんな楽なアルバイトが世間にはあっていいのか!?」ということでした。
もちろん生徒さんを教えられるだけの学力は必要となりますが、所詮は勉強を教えればいいだけの仕事。旅館のアルバイトのように休みなく走り回って疲れることもなければ、足で蹴飛ばされることもありません。しかも時給は旅館でもらっていた時給の2倍もあるというのですから、お得感満載でした。
私は結局、それを機に家庭教師バイトを本格的にスタートし3人の生徒さん宅を巡回するようになりました。もちろん、旅館のアルバイトは辞めて。ちなみに、先輩から引き継いだ生徒さんは翌年、志望校に合格することができました。毎週のように教えていた生徒さんが泣いて喜ぶ姿を見た時、私もうれしくてもらい泣きをしてしまいました。
仕事が楽で時給が高くてさらに喜ばれる。そんな素敵なアルバイト、それが家庭教師バイトなのです。
    (楽なアルバイト体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク