仕事が楽で暇だった、派遣事務の仕事

楽な仕事といえば、思い付くのが、派遣会社を通してやった事務の仕事です。派遣されたのはとある大手企業。私は会社で派遣社員として勤務していました。その主な仕事内容は電話受信とデータ入力。電話が鳴ったら出て、正社員の人がまとめた資料をパソコンに入力するという仕事内容でした。その作業はとても簡単で楽なものでした。
73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_s.jpg
電話についてはそう頻繁にかかってきませんでしたし、電話が鳴ってもベテランの人が素早く出てしまうので、私が電話に出る機会はほとんどありませんでした。また、パソコンでのデータ入力は、正社員から渡された資料をもとに入力するわけですが、数字入力が中心で、特に難しいこともありませんでした。パソコンスキルについては、エクセル、ワード、パワーポイントほか主なソフトを使いこなせることが応募条件だったのですが、それらを使う場面はほとんどありませんでした。ノルマもなく、冷暖房が完備された快適なオフィッスでの座り仕事でしたので、とにかく楽な仕事でしたね。
なお、正社員がデータをプリントアウトしてそれをもとに私はパソコンに入力していくわけですが、そのプリントなかなか来ない時もありました。正社員はいろいろな業務を兼ねているため、他の用件で忙しくなっているときは、私に手渡すデータはどうしても遅れ気味になっていたのです。なぜなら、特別急いで作業をする必要のないデータだからです。
資料が来ないと私は仕事を進めることができません。当然のごとく、暇を持て余してしまうわけです。そんなとき、正社員に「何かお手伝いすることはないでしょうか?」と聞いていました。最初のうちは。しかし、いつも回答はこうでした。
「適当に休憩しておいてくれるかな」。
後から分かったことですが、派遣先の企業とは派遣会社の間はあらかじめ細かい契約が交わされていて、その内容に沿った仕事しか与えてはいけないようになっているのだそうです。ですから、手が空いているからといって、全く関係ない業務をさせるわけにはいかないのです。
また、派遣先の企業からすると、派遣社員はあくまでも外部スタッフという位置づけなので、社内の情報を必要以上に与えてはいけないというスタンスであることも後から分かりました。そんなこともって、正社員と派遣社員の間には、見えない壁があったようにも思います。同じような仕事をしていても、それぞれ考えていることが違うといいますか。
派遣先では良くしてもらいましたが、そういったことを深く考えていくと、派遣社員とはなんとも寂しいポジションだなと感じることもしばしばありました。とはいえ、派遣の事務の仕事はとても簡単で、それなのに時給は1400円ももらっていました。
いろいろな職場でスキルを磨きたい人や、仕事を仕事と割り切れる人にとって、派遣社員は働きやすい働き方なのかもしれません。
ちなみに、派遣会社といえば、いろいろな会社があります。派遣社員として働きたいと考えている方は、事前にどの派遣会社に登録するかいろいろ調べてみることをおススメしたいと思います。なぜなら、派遣会社によって紹介してもらえる仕事内容はかなり違っていますし、会社の派遣社員への対応もさまざまだからです。適当で人材を使い捨てる派遣会社もあれば、体制が整っていてスタッフ思いの派遣会社もあります。ちなみに私のおススメの派遣会社は、「テンプスタッフ」です。大手ゆえに仕事の選択肢も多いですし、いろいろフォローアップ体制が充実しているからです。
そこあたりはネットでそれぞれの派遣会社の口コミを調べてみると、表面的には分からないいろいろな裏事情も分かってきます。そういったことを知った上で、自分に合った派遣会社を見つけることが重要だと思います。
(楽な派遣の仕事の体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク