仕事が簡単で高日給!交通量調査バイト

私が思う楽なアルバイトは、交通量調査の短期アルバイトです。交通量調査は車の台数をカウントしてそれを記録するという調査です。
IMG_20160214_005844.jpg
どうして交通量調査のアルバイトが楽なアルバイトだと感じたかというと、仕事内容が簡単でかつ日給が高かったからです。
ある日の交通量調査は県外が調査ポイントでした。夜23時にターミナル駅に集合し、マイクロバスで現場に向かいました。マイクロバスのなかでは仮眠をとり、朝6時半くらいに車を降り、現場で準備。朝7時から19時までの交通量調査を行いました。
準備といっても簡単なもので、座るための椅子を歩道脇に置き、車の台数を数えるためのカウンターを配置するというくらいです。あとはヘルメットや腕章をしてスタンバイ。
交通量調査の仕事内容は、車の台数をカウントして記録していくというものです。そのデータによって調査会社は所定の道路にどんな車両がどれくらい通っているかを分析し、今後の道路建設などの資料となるのだそうです。といっても交通量調査のアルバイトがやるのは、車のカウント+記録のみ。
車の台数を数えるだけですから、その仕事内容が簡単で未経験者でもすぐに慣れてしまうということは言うまでもありません。厳密にいうと、車の台数を数えるカウンターにはボタンがたくさんついていて、それによって、車種を分類しながら数えていきます。車種とは乗用車、バス、大型貨物車、小型貨物者、二輪車といった具合にです。その点、最初は少し戸惑うかもしれませんが、車種は車の形をみたらすぐに判別できるので安心です。どうしてもわかりにくいものはナンバープレートでも判別することができその点は事前説明会で習いました。
そんな単純作業をほぼ半日やっていくわけですが、2時間調査をしたら1時間の休憩といったサイクルで進めることがほとんど。つまり、12時間調査の場合、実質的には8時間(休憩4時間)ということになります。ですから、空閨時間を活用して食事やトイレに行くこともできるわけです。
交通量調査バイトを実際やってみて感じたことを短い言葉で表現したら次のようになります。
楽ちん」「眠い」「長い」「
椅子に座って車の台数を数えるだけという超簡単な仕事内容なので、体力的に疲れるということはまずありえません(寒暖といった気候による体力消耗はありますが)。また、各地点ではひとりで調査をするので、わずらわしい人間関係に巻き込まれるといったこともほとんどなく、精神的にも楽。まとめれば「楽ちん」というわけです。
朝や夕方は交通量は少々多くても、昼間などは車の台数は激減。動かしているのは片指一本だけですから、自ずと眠くなってきます。そんなとき「暇だなあ」「長いなあ」という気持ちがでてくることが多いです。
人によってそれは辛いことだと思うかもしれませんが、他のアルバイトに比べると天国だと思います。少なくとも私の場合そうでした。そして、交通量調査バイト、実は日給が良いんです!調査会社や調査場所の遠さにもよりますが、12時間調査の場合、8000円~11000円くらいが相場です。実働時間を8時間とすると、時給は1000円以上!
椅子に座ってカチカチやってるだけで時給1000円以上も貰えるなんて、こんなに楽に稼げるアルバイトもそうそうないのではないでしょうか。ちなみに、交通量調査バイトはそういう好条件もあってか大人気。都市部で交通至便な案件ならあっという間に採用枠が埋まってしまうので、求人を見つけたらすぐ応募するのが仕事にありつくポイントです。
   (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク