仮眠時間もあったビジネスホテル夜勤バイト

私が大学生だったときにやってきた様々なアルバイトのなかで、一番人間関係が楽だと感じたのは、ビジネスホテルでの夜勤バイトです。朝や夕方は宿泊客の出入りが多く、大変そうなビジネスホテルだったのですが、深夜はとにかく暇そのものでした。なぜなら、宿泊客は皆、寝静まってしまうからです。
d97d97c902efa9fa179f6b9a02645ff1_s.jpg
その仕事内容はホテル建物の管理と警備です。深夜0時を廻ると朝4時半まで入口玄関をシステムで施錠。フロント周りの照明も必要なもの以外は落としフロント奥の事務所で待機しました。待機中は、パソコンとプリンターを使って、翌日にビジネスホテルで使用するプリントをプリントアウトする作業をしていました。
ただ、その作業は1時間もあれば全て完了してしまいました。残りの時間はというと、ただ、暇になっていました。もちろん万が一の事態に備えて緊張感は常に持っているわけですが、実質的には何もやることがなく、スマホをいじったり雑誌を読んだりして自由に過ごしていました。
ホテルの仕事でありながら接客をする機会はほとんどありませんでした。ごくたまに宿泊客がコンビニなどに外出することがあります。そのとき、ホテルに戻られる際にはインターホンを押しルームナンバーと名前を伝えることで開錠する仕組みになっていました。ですから、ホテルスタッフはインターホンが鳴ったらフロントに戻ればいいという感じでした。
ビジネスホテルの夜間バイトは2人体制でした。ひとりでも十分できる少ない仕事量だったのですが、万が一の為と防犯体制の徹底ということで複数人数をそろえていました。相方のアルバイトスタッフは穏やかな人で人間関係も楽でしたね。協力してちゃちゃっと仕事を終えてしまい、休憩時間を多くとれるように励んでいました。交代で休憩をとっていくようになっており、休憩時間は何をしても自由でした。私はホテル内の仮眠室で仮眠をたっぷりとっていました。当時大学生だった私にとって、その仮眠時間はとても貴重でした。しっかり仮眠をとり、勤務時間が終わってから大学の講義に向かっていました。あるいは、大学のレポートを仕上げていたことも。しんと静まり返った深夜のホテルは気持ちが落ち着きはかどっていたのを覚えています。
夜勤だけにバイト代も高めに設定されていてお得感がありました。さらに仕事が簡単で人間関係も楽。仕事をしにいっているというよりは、のんびり仮眠をとりにいっているような感覚の好条件のバイトだったと思います。もちろん大学生として学業もしっかりと取り組むことができました。
(人間関係が楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク