インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

住宅メーカーでの住宅展示場受付バイト

私は人見知りで、アルバイトを何かやろうかというとき、職場での人間関係を第一に気になっていました。生活をするために今までいろいろなアルバイトをやってきましたが、横柄な先輩がのさばっていたり、派閥が形成されているような職場では、人間関係で苦しみました。仮に仕事内容が自分に合っていたとしても、人間関係が自分に合っていなければ、その職場は地獄と化すということを経験的に感じ取った私。
住宅メーカーでの住宅展示場受付バイト
そんな人見知りの私が、「これは人間関係が楽なアルバイトだな」と感じたアルバイトがあります。それは、住宅メーカーでの住宅展示場でのアルバイトです。どんな仕事かというと、住宅のモデルルームのなかに居て、入場者にお茶を出したり、任意で台帳に名前など書いていただくという仕事です。
住宅メーカーでの住宅展示場でのアルバイトは2つの理由から楽チンバイトだと感じました。ひとつめの理由は「仕事が簡単」という理由です。そもそも住宅に興味があって、住宅メーカーでの住宅展示場にやってくる人というのはそう多くはありません。住宅の素晴らしさを体感していただくために、快適な空間をつくりあげてお待ちしているわけですが、待てど暮らせど入場者がやってこないということが結構ありました。ようやく誰か来られたと思っても、通行人が何かな?と思って興味半分で入ってきたというケースも。そういった場合、住宅そのものに興味があることは非常に稀で、長居されることはまずありませんでした。
来場者があったとしても笑顔で出迎え、お茶を出して「ごゆっくりご見学ください」と案内する程度。何か聞かれた時のことに備え研修ではいろいろなことを学びますが、住宅の知識などほぼ皆無でもできる仕事では?と思うほど楽な作業でした。また、来場者には台帳への記帳をなるべくしていただくよう案内しますが、こちらは強制ではありませんでした。来場者との会話は簡単な世間話くらいのもので、人間関係が楽でした。
2つめの理由は「人間関係が楽」という理由です。そもそも住宅展示場には1人体制で受付をしているケースがほとんどでしたので、人づきあいを考える必要はありませんでした。もし複数人数で働いていたら、苦手な人がいればストレスがたまるでしょうし、どんな雑談をしようかなどいろいろ悩んでしまうことでしょう。その点、ひとりでの勤務というのは楽チンそのものでした。時には孤独感を感じることもありましたが、誰にも監視されることなく自由に時間を過ごせるというのは気楽なものでした。来場者が誰もいないときはとくにやることもありませんでした。ですから、雑誌を読んだり、スマホをいじったりして暇つぶしをしていたものです。人間関係が楽な仕事がいかにストレスフリーか実感しました。
以上のように、住宅メーカーでの住宅展示場での受付バイトは仕事内容も人間関係も楽な仕事でした。仕事をしているというより、快適な豪邸で留守番をひたすらしているという感覚に近いと思います。人間関係の構築が苦手な人や楽な仕事を探している人にはぜひおすすめの楽なアルバイトです。
     (人間関係が楽なアルバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク