インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

個人オフィス電話番アルバイトは自由

もうかれこれ20年近く前の話ですが、大学時代に、個人輸入商オフィスでの電話番のアルバイトをやっていたことがあります。この仕事がとても簡単で楽なものでした。もともと私の大学時代の先輩が就いていた仕事だったのですが、大学卒業が近づいてきたことで働けなくなり、私に話が回ってきていました。
アルバイトをすることになったその会社は香料などの輸入をやっていましたいました。オフィスは、都内のアパレル企業の会社や店舗が入っているビルの一角。その仕事内容は電話番でした。かかってくる電話を受け、用件を聞いた後、社長が返電できるようメモに残しておくというものでした。それで時給は1000円。
電話番というと、大変そうなイメージがあるかもしれませんが、電話は1時間に1本~2本かかってくる程度した。ときには、1日を通して全くかかってこない日もあったほどです。
個人オフィス電話番アルバイトは自由
アルバイトの労働時間は4時間で、やるべき仕事をしさえすれば、暇な時間は何をしていても構わないという自由な雰囲気でした。
例えば、キッチンにあるコーヒーを自分で淹れて飲んでも、雑誌を読むのも自由でした。
当時、大学生だった私は、暇な時間を生かして主に大学の課題をやったり読書をしたりしていました。当時は、オフィスにはテレビもなく、当時はスマートフォンもなかったので、どうしようもなく暇になっていたのを覚えています。
輸入関係の仕事だけに英語は最低限しゃべれる必要はありましたが、それ以外に商品に関する専門知識も特に必要ありませんでした。いずれにしても、当時の私としてはとてもありがたいアルバイトでした。もうずいぶん昔の話になりますが、またそのような楽なアルバイトがあれば、やってみたいものです。
    (楽なアルバイトの体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク