個人経営の喫茶店はストレスなく働ける職場

私が今までやってきたアルバイトの中で、楽なバイトだという風に感じたのは、個人経営の喫茶店でのバイトです。その喫茶店は昭和時代からある古風な喫茶店で、トースト、サンドイッチ、ホットケーキ、コーヒー、紅茶が定番メニューのお店でした。
6e4e3296c2b0ab5e62483cb48a76a837_s.jpg
60代のおじいさんがマスターを勤めていて、お客さんの多くは地元の常連客でした。そんな喫茶店で私はホールスタッフとしてアルバイトをしていました。その仕事内容は、お客さんから注文を聞いて料理やお飲み物を テーブルにお持ちしたり、お皿を片付けたり、あとはレジ打ちをしたりしていました。
朝はオトクなモーニングセットがありお客様が一気にいらっしゃるので、開店前に出勤し、私もサラダを作ったりパンを焼いたりするなど調理のお手伝いもしていました。モーニングタイムはお客様の回転率も高くてそれなりにバタバタ忙しくしていました。
ところが、それ以降の時間となるとランチタイムが始まるまではお客様は数えるほどしかいらっしゃることなく本当に楽でした。マスターは気さくで穏やかな人で、お客様の数が少ない時間帯は「自由に椅子に座ってくれていいよ」という風に言ってくれていました。
マスターの奥様が手伝いに顔を出されることもあり、3人でおしゃべりをしたり一緒にテレビを見て世間話をしたりしていました。仕事中であるとは思えないほど、和やかな時間でした。
ランチタイムは日替わり定食が人気で、スパゲティやハンバーグなどお料理とお飲み物がセットになっていました。料理はマスターと奥様が作っておられ、忙しいときは奥様の妹さんが手伝いに来ていました。私は朝と同じくサラダを盛り付けるなど簡単な調理のお手伝いと接客、レジをしていました。
昼間は朝ほど忙しいという感じでもありませんでした。ランチタイムが終わると再び暇な時間が到来します。その時間帯にはテーブルや床を簡単に掃除をしたりしており、そんな間にマスターが私にまかないをつくってくれました。いつもおいしくいただいていました。
夕方になると常連の方がちらほら来店され、皆でテレビを見ながら世間話をしていたものです。なんだか仕事をしているというより、みんなで団欒のひとときを過ごしているという風に感じていました。ですから本当に楽なアルバイトだなあと思っていたのです。
以上のように、個人経営の喫茶店でのアルバイトは私にとってとても楽なアルバイトでした。今になってその理由を考えてみると、仕事内容が難しくないというのもあるのですが、やはりマスターはじめスタッフの皆さんや常連の方々が家族のように接してくれてくれたことが大きかったと思います。そのことで、本来仕事で味わうようなプレッシャーやストレスをほとんど感じることなく働くことができたので、楽なバイトだと感じたのだと思います。
    (楽なバイトの体験談 30代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク