個人経営の喫茶店ウエイトレスバイト

私は近所の個人経営の喫茶店でアルバイトをしています。朝のモーニングからランチまで、夕方からラストまでというシフト制の2交代制で働いていますが、とても楽な仕事です。
喫茶店ウエイトレスの主な仕事は簡単な調理と接客です。調理と接客の両方をするというと大変そうに思われるかもしれませんが、なんせ8人で満席になってしまうような小さな喫茶店なので本当に楽です。
お客さんもほぼ近所の常連さんばかり。気を使うこともなく、仮に何かミスをしたとしても皆さん笑って許してくれるような方ばかりです。また、それぞれのお客さんが注文するメニューもほぼ決まっていて、一度覚えてしまえばあとは楽になりました。
a0027_001496.jpg
私がアルバイトをしているその喫茶店では、モーニングメニューがあり、コーヒーが頻繁に出ますが、あらかじめ大きなポットで淹れてあるものを小なべで温めて提供するような形式です。
あと目玉焼きとトーストも付いてきますが、それらは奥の厨房でオーナーの奥さんが調理してくれますので、私はそれを席に運ぶだけです。
モーニングの時間が過ぎたらパタっとお客様が途絶えます。そうしたら、もうひたすら暇になります。あまりに暇すぎて、私はランチ時間まで暇つぶしになるようなことを見つけては作業をしています。例えば、カウンターを布巾で拭いたり、客席のテーブルを掃除してみたり、トイレの鏡を拭いたり…。といっても、それらの作業は30分もあれば事済んでしまい、やることがなくなってしまいます。
オーナーはこの店が暇になる時間は買い出しに出かけるか、帳簿をつけるために奥へ引っ込んでしまいます。ですから、私は店番を一人でやっている状態になり、気もとても楽な状態になります。その時間帯はほとんどお客様がいらっしゃることはありませんが、仮に来られたとしてもコーヒーを出すくらいの簡単な作業で終わってしまうことがほとんどです。
といっても店を営業している以上、いつお客様が来るか分からないので、ムダに他事をやるわけにもいかず、カウンターの中に入っては何かやることはないか探してはのんびり作業をしています。
お客様がいらっしゃらない暇な時間帯は、食材を使ってのパフェを作る練習や果物を切る練習など、ときどきさせていただいています。作ったら私が食べて…という事で、仕事をしに来ているんだか自分のおやつのためなのかよく分からないときもあります。
ランチタイムになると、お客様がぞろぞろいらっしゃって、サンドイッチをカウンターで作ったりする作業も加わります。少し忙しくはなるのですが、ランチタイムが終わると、再びパタッと人の流れが止まります。昼過ぎによく常連さんがカウンターで長居してくれるので、夕方まで世間話をして暇つぶしをすることが多くありますね。初老の常連さんですが、それなりの人生経験を積んだ方なので、話を聞いているだけでもとても面白く参考になることが多いです。
昼食のまかないは奥さんが簡単な軽食を作ってくれます。日替わりで栄養バランスばっちり、それもタダでたべさせてくれるのでとてもありがたいです。また、日頃から余った食材を分けてもらったり、誕生日には大きな業務用のバニラアイスをもらったり、休日に近くのキャンプ場でBBQ大会を開いてくれたりと、いろいろ気を遣ってもいただいています。個人経営の喫茶店ウエイトレスのアルバイトは楽な仕事なのに、いろいろな楽しみのある非常に良いアルバイトだなと思っています。
       (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク