インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

個人経営の喫茶&BARでの楽なバイト

私は以前、個人経営の喫茶&BARでアルバイトをしていたことがります。その仕事がとても暇で楽すぎるバイトでした。その喫茶&BARでの主な業務内容は一般的な飲食店と同じで、お客様への注文をとり、注文の品を作り、提供するというものでした。ただ少々違っている点は、分業体制ではなく、調理、接客を基本的に1人でやっていた点です。
「調理も接客もひとりでやるなんて大変そう・・」という声が聞こえてきそうですが、それは裏返せば1人でそれが出来てしまうほど暇な店だったということです。実際のところ、その喫茶&BARの営業時間の夕方から6~7時間の間、お客様は10人来たらよいほうでした。大抵は毎日7~8人程度でした。
個人経営の喫茶&BARでの楽なバイト
メニューは一般的な喫茶店やBARにありがちなもので、コーヒー、アイスクリーム、パスタといったもの。
BARのメニューは、ハイボールやナッツなどなど。凝ったものの提供はありませんでした。
接客はというと、お客様は店主と話したくていらっしゃる人がほとんどなので、アルバイトである私が別段、お客様と話し込む必要などありませんでした。ただ、常連さんが多い店だったため、自然と顔や名前などパーソナルな情報を覚えていくので、簡単な会話をつなぎ程度で行うことはありましたが、それも必ずしもする必要はありません。注文と料理・飲み物の提供が終わってしまえば、キッチンに引っ込んでいれば良かったので精神的にも楽でした。そんなお客様と話している時間ももちろん勤務時間ですので、世間話がバイト代金になると考えれば、本当に楽な仕事だなあとつくづく思ったものです。
お客様が店内にいらっしゃらない時間は、まかないを調理して食べたり、店主と世間話を行ったり、お店の掃除をしたりして過ごしていました。それでもやることがなくなってしまうと、ぼーっとただ時間が過ぎるのを待っていました。あと、過去に1度だけですが、お客様ゼロの日がありました。その日はさすがに、これでバイト代をもらっていいのだろうか?と申し訳なく思ったのを覚えています。
以上のように、この個人経営の喫茶&BARの仕事はとにかく暇で仕事自体は楽そのものでした。唯一悩みがあったとすれば、あまりに暇すぎて、それが返って苦痛に感じたことがあったことくらいでしょうか。
                               (20代男性 暇で楽な仕事の体験談)

スポンサーリンク