関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

個別指導塾での講師バイトが楽でした

私は大学生のとき、個別指導塾で講師のアルバイトをしていました。個別指導塾では、塾内の小規模教室あるいはブースで、生徒さん1人(あるいは2人など複数のケースもあり)を個別に教える指導です。言ってみれば家庭教師と同じようなスタイルで、違っているのでは、教える場が生徒さんの家ではなく塾であるということです。
私がその個別指導塾で講師のアルバイトを始めたのは大学3年生の夏でした。大学受験が終わってから全く勉強をしていなかったということもあり、果たして教えられるかな?と当初は不安を思っていました。生徒に高度な質問をされて先生が答えられなかったら恥ずかしいですし・・
a0027_001363.jpg
しかし、実際にアルバイトを始めてみたところ、その心配は全く不要でした。
塾にもよると思いますが、個別指導塾には、塾での集団授業や学校の授業についていけない子供たちが多く在籍しているのです。
 私が教えていた生徒さんのひとりに、野球部に在籍する中学2年生の男の子がいました。野球は上手いのだけど、勉強は全くできずあまりに成績が悪いので、親御さんに半ば強制的に塾に連れて来られたという経緯の子でした。
反抗期ということもあり、最初はうんとも寸とも話をしてくれませんでした。ただ、根気よく好きな野球のことをいろいろ聞いているうちに次第にしゃべってくれるようになりました。学校の授業は聞いているけれどチンプンカンプンでただ「分からない」という時間を過ごしているとのこと。そこで、英語はアルファベットから、国語は小学低学年で習う漢字から根気よく教えました。もともと野球で鍛えた根気や努力の姿勢はあったので、よくがんばってくれました。当初は学年底辺に近かった成績も、少しずつ上がってきて平均点くらい取れるまでに成長してくれ、こちらも遣り甲斐を感じましたね。
個別指導塾での講師の仕事はというと、とても簡単です。あらかじめ用意されているテキストを使ってもいいですし、生徒さんが持っている教科書や問題集などを使って自由に教えて良いというスタイルでした。生徒さんの弱点を把握しさえすれば、そこを根気よく指導すればいいだけです。あくまでも勉強するのは生徒さんであるわけですから、講師は楽なものです。生徒さんが問題を解いたのをチェックしてアドバイスをしたり、褒めたりするだけです。いずれにしても、飲食店のバイトのように忙しく動き回ったり、建築現場で重たいものを運んだりするバイトと比べたら、あまりに楽ちんだと思います。また、普段から勉強慣れしていない子は、集中力も持続しませんから、しばしば雑談をしていました。そんな間に時間は知らないうちに過ぎていっていましたね。
個別指導の塾講師は時給は1500円くらい。集団授業を担当している先生に比べるとかなり安かったですね。ただ、集団授業のように大がかかりな授業準備をするなど必要もないですし、、ひとりの生徒さんのことだけを考えればいいので、とにかく気楽でした。どちらかというと、親戚の子に宿題を教えているような感覚でしたね。
個別指導塾の講師をやってみて思ったのは、講師に要求されるのは、高い学力というより、子供と接するのが好きで、勉強をしない子にも腹を立てず根気よく面倒をみるということです。個別指導の塾講師は【アルバイトEX】など求人サイトやアルバイト情報誌でよく募集をしています。興味ある人は、気軽にやってみてはどうでしょうか。
                        (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク