個別指導塾バイトを楽なバイトと感じた理由

私がこれまでやってきたアルバイトの中で、特に楽なアルバイトだと感じたものは個別指導塾の塾講師のアルバイトです。以下、簡単に個別指導塾の塾講師の仕事内容を紹介したいと思います。
6bf862a00462fac02aa702c8adf324fb_s.jpg
私が働いていた個別指導塾は全国展開している某大手塾で、独自のテキストもあり教え方などにもマニュアルがありました。塾長による講師向けの講義のほか、数か月に1度開かれる講習会、研修会などにおいて指導方法についてもしっかりと学ぶことができました。
私のアルバイト先であった個別指導塾では、指導対象になる科目は国語・算数(数学)・理科・英語・社会の5科目。対象とする生徒は小学生から高校生までと、他の個別指導塾に比べると、教科も年齢層も幅広かったです。
このように話すと、そんなに幅広い年齢の生徒に教えることができません、というような声が聞こえてきそうです。また、沢山の科目を担当するのは難しいという風に考えている人もいると思います。しかし、その点は安心です。なぜなら、面接の時点で、ある程度の希望を出すことができるからです。
例えば、「数学と理科のみ指導できます」、「中学レベルまでなら教えられます」みたいな感じで条件を提示することができるのです。とはいえ、一般的には、幅広く教えることができる人の方がたくさんコマ数を入れてもらえる確率が高まりますが。
次に、私が個別指導塾での塾講師のバイトを楽なアルバイトだと感じた理由を説明します。それは以下の3点があります。
まず第一に、自分自身が大学受験まで経験してきたこともあり、知識や勉強方法が既に身についていたからです。つまり、新たに何かを学ばなければならないということがほとんどないということです。塾講師をしている人に、極度な勉強嫌いはあまりみかけませんでしたが、勉強がそこまで好きでない人でも、自分がやってきた勉強方法は意外と効率が良かったのではないかと考える人はいると思います。私もその一人でした。勉強自体は決して好きではなかったのですが、自分の受験の勉強は方法としては良かったと思ったという自信がある程度ありました。
実際やってみて感じたことは、受験勉強を通して身に着けてきたことを教えるだけというのは、とてもラクということ。指導方法を学びながら、より効果的に教える工夫をするだけで十分でした。
第二に、個別指導塾での塾講師のアルバイトの場合、自分と似たような立場の大学生が多くおり働きやすい職場環境にあったという点です。これは私の働いていた個別指導塾が、たまたま大学の近くにあった事が起因するのかもしれませんが、塾講師同士でもすぐに打ち解け合うことができました。ちなみに私と同じようにアルバイト塾講師として雇われていた塾講師は、塾長を除いて全員が大学生でした。そのため、働いている際の生じたちょっとした疑問も質問しやすかったですし、シフトも相談しながら和気あいあいとした雰囲気のなかで決めることができていたと感じます。
第3に、個別指導塾での塾講師のアルバイトの場合、マンツーマンあるいは少人数で教えるため指導のエネルギーをそう要さないという点です。集団授業の場合、たくさんの生徒さんを前に大きな声を張り出さねばなりませんし、授業の準備も時間がかかります。一方の個別指導塾での塾講師の場合、対象人数が少ないだけにのんびりマイペースで教えることができるので楽でした。
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】
あと余談ながら、私のアルバイト先の場合、塾長が教育者でとても寛容な人だったのでそれも働きやすい要因でした。生徒だけでなくアルバイトも「選抜する」というより「育てる」という方針だったのです。ですから、結果が出なかったとしても叱られたりペナルティーを与えられたりすることもなく、一緒に対策を考えアドバイスをしてくれました。ですから、やりがいを感じながら自身も成長することができたと個別指導塾での塾講師のアルバイトを通して感じています。
以上の3点の理由から私は個別指導塾での塾講師のアルバイトを楽な仕事だと感じました。
   (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク