給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

元女子美大生が選ぶ、楽なバイト

私は少し前まで美大に通っていた20代の女性です。美大生はのほほんと自由に生活をしているように思われがちですが、実は案外忙しいです。来る日も来る日も作品制作に追われ、24時間忙しい…。忙しさにも緩急があるうえに、制作にはお金がかかる!そんな元美大生の私が、4年間で経験した様々なアルバイトの中で「これは楽だった!」と言えるアルバイト3選をご紹介します。
■元女子美大生が選ぶ「楽なアルバイトランキング」第3位
第3位「ファストフードのカウンター」
a1180_015637.jpg
元女子美大生の私が選ぶ 楽なアルバイトランキング第3位は、「ファストフードのカウンター接客」のアルバイトです。
ファストフード店で接客する仕事の一体なにが楽だったかといえば、「何も考えなくてもできる!」ということです。
ファストフード店は、たくさんのアルバイトたちを雇っているため、とにかくマニュアルが整っているのです。さらに、効率よく仕事を進めるために、ひとりあたりに与えられる仕事の範囲も狭いのです!マニュアル通りに同じ作業をするだけですので、忙しそうに見えて実は楽な仕事なんだなと感じていました。ただ、接客をしていてモンスターカスタマーに当たった時は結構きついかも?
■元女子美大生が選ぶ「楽なアルバイトランキング」第2位
第2位「ローカルワインバーの接客」
a1380_001048.jpg
元女子美大生だった私が選ぶ「楽なアルバイトランキング」の第2位は、3位に引き続き、接客業が第2位にランクイン!
その仕事場はワインバーです。ワインバーの接客でやることといえば、来たお客さんに「どんなワインにしますか?」とたずねて、その回答どおりのワインを用意してくるというもの。
お客さんが指定した銘柄のワインや、「重めの赤」「辛めの白」など方向性など、お客さんの要望をキッチン担当に伝え、ワインを開けてグラスを注ぐだけ。
あとはグラスを洗ったり、拭いたり、お客さんにおごってもらったお酒を飲みながら楽しく談笑しているだけ…!ローカルなワインバーならではかもしれませんが、お客さんの数も少なく、これはかなり楽な仕事でした!しかも賄いもおいしいという特典つき。ただ、団体さんが来た時は大量の皿を運ぶ、片付けるといった肉体労働も稀ながら発生していました。それ以外の日は暇でとにかく楽な仕事なのですが。
■元女子美大生が選ぶ 楽なアルバイト第1位
第1位「大学受験の試験監督」
a0002_008357.jpg
元女子美大生の私が選ぶ 楽なアルバイトランキング第1位は、大学受験の試験監督が堂々の第一位!
大学から直接依頼されてやっていたアルバイトです。
そんな特殊環境下でしか応募できないレアなバイトかもしれませんが、仕事の楽さでいえばこれがダントツでした。大学受験といっても、美大の試験は少々特殊です。美大ならではなのですが、実技試験はデッサンの試験と、着彩など各科の試験合計2日間。試験は3~5時間で行われます。
私たち試験監督は、その間部屋の外にパイプ椅子を置き、ぼんやり本を読みながら座っているだけ!途中受験者が立って「トイレに行きたいのですが…」と声をかけてくることがあるので「まっすぐ入って右です」みたいに場所を伝えることもありますが、あとは基本ぼんやりしていてOKという至高のバイトです。強いて言うなら、ずっと座っているので退屈すぎ…?いずれにしても、大学受験の試験監督に勝る楽なバイトは他に知りません!
以上、女子美大生流、経験したことのある楽なバイトベスト3でした。美大生ならではの絵を描くバイトやデザインのバイトなんかもいろいろやっていましたが、そちらは案外忙しく大変でした。専門性を問われないアルバイトの方が頭も使わないので楽なのかもしれないなと思いました。
(元女子美大生が選ぶ 楽なアルバイトランキングベスト3 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク