内職の仕事は在宅でできてラク

私は学生時代から結婚するまでいろいろなアルバイトを経験してきました。レストランのウェイトレス、キャンペーンガール、事務職などなど。ただ、それらの職場は、決められた時間に出社しなければいけませんし、人間関係で悩んでしまうことも少なくありませんでした。
290573.jpg
育児にひと段落つき、周りのママ友達もパートやアルバイトをはじめた頃、私も何か仕事をしたいと思いました。子供の教育費などお金も掛かりますし、自分の為に使えるお金も少々欲しいと思ったからです。
最初は、外で働く仕事、特にパートで週に2、3回事務職の仕事はないかと探し始めました。OL時代のキャリア(外国人付き秘書)活かそうとしたのです。ただそういう仕事はフルタイムばかりでした。そこまでバリバリ働きたくない。そこで英語力を生かして在宅でできる翻訳の仕事をさがしました。いくつかの会社を登録しましたが、専門分野を持っていない私にはかなり厳しかったです。
そこで、他に私が得意な事はないかと考え、手先が器用なことを生かせないかと考えました。在宅でできて、時間に縛られない仕事がいいなと思いました。
そんなとき、昔ながらの何か物を造る内職がいいのでは?と思いつきました。ただ、そう思いついたものの、今の機械化の時代、手作業で物を作る仕事なんてあるのか?という疑問がわいてきました。とはいえ、とにかくまずは行動あるのみです。そこで、区のホームページで区が斡旋する内職はないか探し始めました。
いざ探してみると、意外とあったのです!しかも3件も区内に私の条件に合う内職の仕事が見つかりびっくりしました。すぐに求人元に電話をしてみると、とりあえず来社してくださいとなり、それからトントン拍子に仕事が決まりました。
紹介された仕事は化粧箱に付けるリボンを作るというものでした。一個あたりの単価は1個1.5円から3円。お世辞にも高いとはいえませんが、マイペースで仕事をできるというだけで満足でした。会社に行くのも、納品するために1週間に1回行くだけで良かったからです。作業さえ納期までにやりさえすれば、あとは自由に作業を進めることができました。
e92fe8f0629bf178a0fc5a9549604723_s.jpg
その内職はとにかく単純作業でした。作業に慣れてくれば、テレビを観ながら出来ました。それでお金をもらえるのですから、こんなに精神的に楽な仕事はないなと思いました。
何より毎日同じ時間に出勤する必要がないという点が精神的に楽でした。確かに、家の外に出てパートなりアルバイトなりした方がたくさんお金は稼げるとは思います。ただ、それでは習い事や子育てに忙しい私にとっては、都合を合わせにくいことになります。
時間があるときやお金が欲しいときは、たくさん仕事をもらってきて、後は家に帰って黙々と内職をやる。ただその繰り返しで良いのです。朝時間があるときは、朝に、朝起きて疲れていたら午前中は休んで午後から一気にやるみたいに、マイペースで仕事をすることができるのです。
あと、仕事は在宅で行うため、人と接する必要がないという点も精神的に楽な仕事だと感じる大きな要因でした。在宅ワークは孤独と言えばそうかもしれませんが、逆にいえば人間関係のしがらみが一切ありません。OLだった頃、職場のややこしい人間関係に苦しんだ私としては、これほどありがた状況はありませんでした。人づきあいといえば、お仕事をくださる会社の社員の方と上手くやっていけばいいだけで、プレッシャーもかかることがありませんでした。
40代ともなると雇ってくれる会社が限られ、運よく仕事にありつけたとしてもいろいろ条件が縛られます。職場の方々と気が合って、みんなでワイワイ楽しく出来ればいいですが、そうとは限りません。そういったことを総合的に考えた時、在宅でできる内職の仕事は、私のような主婦に最適の仕事ではないかと思いました。在宅で内職を始めて4ヶ月程経ちますが、今の仕事に満足しており毎日をエンジョイしています。
  (楽な在宅の仕事の体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク