列車乗り込み調査のアルバイト体験談

今までやってきたアルバイトの中で楽で味わい深かったのは「列車乗り込み調査」のアルバイトです。「列車乗り込み調査」とは、列車サービスの改善などを目的に、乗客にアンケート調査を行うというものです。具体的には、アルバイト調査員が、新幹線や特急列車など指定された列車に乗り込み、乗客にアンケートを配布し、回収するという作業を行います。
83aaf2e25a37cf96ef690cb273da3f2c_s.jpg
私は未経験でしたが、電車に乗るのが好きなことから迷わず応募。事前説明会があったのち、アルバイト当日、鉄道駅近くにある集合場所に朝早く集まりました。当日はスーツ着用で腕章をつけての調査でした。数人ごとにグループを組んで、乗り込む号車を決め、アンケートを受け取っていざ列車ホームへ。
乗車したら列車乗り込み調査員はしばらくデッキに待機します。特急列車が発車してしばらくして、車掌さんからのアナウンスが流れ、そのなかに、アンケートに協力を促すメッセージも流れました。アナウンスが終わるといざ車内へ。「アンケートにご協力お願いします。〇〇駅までに回収にまいります」みたいに乗客に声をかけながら配布していきます。
アンケートには、乗車する区間や、(観光かビジネスかなど)乗車目的ほか回答する項目が並んでいます。しばらく時間が経ったあと、アンケートを回収しにいきます。アンケートを受け取ってくれた人には御礼としてボールペンの配布するようになっていました。
列車乗り込み調査のアルバイトを始める前は、「本当に乗客はアンケートに協力してくれるのだろうか?」「嫌な顔をされたりしないだろうか?」などいろいろ疑問が湧き、緊張していましたが、意外なことにほとんどの方は喜んで協力してくれました。そこでは、寝ている人やあまり協力してくれなさそうな人には配る必要がないという点も楽でした。
列車に乗り込み、アンケートを回収した後、指定された降車駅に到着すると列車乗り込みの調査員たちは一度集合して、その駅の近くに設定された休憩場所へ。休憩場所に着くと、回収したアンケートを担当者に渡して、次に乗車する時間までは休憩時間となります。
私がやった列車乗り込み調査では、〇〇駅と△△駅間を往復して、アンケートの配布・回収を行うという感じでした。昼間は列車の本数も少なくなり、次の列車がくるまで3時間休憩みたいなこともありました。そんなときは近くのまちを散策して、地元のおいしいものを食べ歩いたりして、観光気分で過ごすことができて良かったです。
列車乗り込み調査のアルバイトは、基本的に始発~終電までの長丁場となりますが、時給は1000円近くもあり、満足いく金額を稼ぐことができました。
最初、車内でアンケートを乗客に配布ときは緊張しましたが、少し慣れれば同じ作業の繰り返しで、辛いと思う場面は全くありませんでした。また、個人的に電車に乗るのが好きなので、お金をもらって電車にたくさん乗ることができ最高の1日を過ごすことができたとも思います。列車乗り込み調査のアルバイトは、年に1~2回くらいの数日間しかないレアなバイトらしいですが、機会があればまたやってみたいです。
   (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク