インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

制服店の倉庫で箱をつくる短期バイト

私は大学時代にいくつかのアルバイト経験しました その中で制服販売をする短期アルバイトが楽なアルバイトだと感じました。このアルバイトをやったのは12月の冬休み期間でした。
制服店の倉庫で箱をつくる短期バイト
大学生ばかり5人が雇われて仕事をスタート。その仕事内容は、制服を入れるための箱を作る作業が中心でした。仕事場は制服販売する店舗のすぐ裏手にある倉庫。その一角に机と椅子が並んでいて、そこで作業をしていました。初対面とはいえ、大学生が5人も集まれば、おしゃべりが始まります。大学のこと、サークルのこと、出身地のことなど、いろいろおしゃべりをしながら作業できたのでとても楽しかったですね。
ちなみに箱を作る作業とは、厚紙を指示された通りにカットして組み立てていくというものでした。非常に簡単な単純作業ですね。箱をある程度つくり終えたら、表面に学校名や服のサイズなどを記入したシールを貼っていきます 。そしてその箱が完成すると、パートのおばさんたちが丁寧に制服を折りたたんで中に入れてくれました。パートのおばさんたちも皆穏やかで楽しい方ばかりで、居心地が良かったです。
制服を箱のなかに収納すると棚に並べていきます。その一連の作業を延々と繰り返すというのが私たち大学生バイトたちの役割でした。ですから、制服店の仕事でるとはいえ、基本的に店頭に出て接客をするということはありませんでした。厳密にいうと、お客さんの来ない時間帯にほんの少し店番のようなことをしたということはありましたが 店内に待機してるだけというものでした。
いずれにしても楽な仕事でしたね。お店が閉店する15分ぐらい前になるとみんなで清掃をして片づけをします。それで1日の仕事は終了です。体力を使うわけでもなく1日中皆でワイワイおしゃべりをして過ぎていくという、何ともお気楽な仕事でした。
私は大学一年生の時にこのアルバイトをやってからというもの気に入ってしまい、毎年冬休み時期になるとこのアルバイトを申し込んでいました。現在は社会人となり地元を離れましたが、また機会があればやってみたいなという風に思っています。それだけ楽しくる楽な仕事でした。
 (大学生時代の楽なアルバイト体験談 30代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク