割が良かった通行量カウント調査バイト

今までやったバイトの中でダントツでラクな仕事だと思ったのはショッピングモールでの通行量カウント調査のアルバイトです。
通行量カウント調査が行われたそのショッピングモールには、スーパーマーケット、雑貨屋、飲食店などいろいろな店が入っていていました。駅と直結するメインの玄関口のほか、出入り口が何カ所かあり、私はそのひとつで通行量カウント調査を行ったのです。
IMG_20151127_010211 - コピー.jpg
通行量カウント調査の仕事は、調査経験がなかった私でも10分もあれば慣れてしまうほどとても簡単な作業でした。要は、目の前を通る人の数を数えるというだけなのです!もう少し詳しく書くと、性別や大まかな年齢層、進行方向を分類して数えていきます。
例えば、ひとりの中年女性がショッピングモールのなかに入ってきたら、「入店者1名 50代くらいの女性」みたいに考え、その項目に該当するカウンターのボタンを1度カチっと押して人数をカウントします。買い物をして店を出ていくおじいさんが目の前を通ったら「退店者1名 70代くらいの男性」といったように考えて該当するカウンターボタンをカチっと押してカウントします。そういった作業を延々と繰り返し、その数えた人数を1時間ごとに所定用紙に記入していきます。
文章で書いたら何だかややこしそうだなあと思われるかもしれませんが、心配するに及ばない単純作業です。しかも、当日はショッピングモールの出入り口の端っこにパイプ椅子を置いてそこに座って調査が行われたので、とても楽チンでした。これがもし立ちっぱなしでカウント調査を行うとなると足が疲れそうですが・・
大変だったことはというと、特に思いつきません。ショッピングモールでの通行量カウント調査は、同じようなカウント調査である交通量調査と違って室内で行うので気候に左右されることもありませんし。また、カウント調査は各スポットにひとりずつ配置されていたので、ややこしい人間関係や上下関係など正に無縁でした。敢えて辛かったことを探せば、あまりに単純な作業であるために、夕方くらいに眠くて仕方ない時間帯がありました。お客さんが往来する以上、居眠りは絶対にできませんので、必死にまぶたが合わさりそうになるのを耐えていましたね。何とも贅沢すぎる悩みですが(笑)
通行量カウント調査のアルバイトは調査終了時に日給6500円を手渡されました。勤務時間は7時間くらいでしたので時給900円近くもあったことになります。こんなに楽で簡単な仕事内容なのにこの日給をもらっていいのかなあ?と何だか申し訳なく思ったほどです。
ショッピングモールでの通行量調査のアルバイトはほんの稀にしかないレアなアルバイトです、交通量調査を行っている調査会社やいろいろな案件を抱えている派遣会社がたまに実施しています。「バイト探しはシフトワークス」や【アルバイトEX】などアルバイト求人サイトやアルバイト情報誌などを小マメにチェックしていたら見つかるかもしれません。いずれにしてもやらない理由がないほど、おいしいバイトです。
(暇でラクな仕事の体験談 20代女性)