商社データ入力の仕事体験談

私は以前、商社でパートとして働いていたことがあります。その商社では、主にデータ入力の仕事をしていました。商社には購買業務というのがあり、納期回答が各メーカーからファクスで送られてきます。仕入れ担当者がそれを確認して納期がそれで良ければ、パートの私にその書類が回るようになっていました。
a0002_003098.jpg
私はその書類をもとにシステムに納期を入力する作業をしていました。
慣れるまではミスをしたこともありましたが、ひと度作業に慣れてしまえば自分なりにエクセルにデータを落とし込み、そこへデータを入力することで、効率化をはかることができました。
そうすることで、いちいちシステムを開かなくても良くなり、簡単にたくさんのデータを入力できるようになりました 
半年くらいその商社でパートの仕事をしていると、すっかりデータ入力業務に慣れてしまい、ミスをすることもなくなり各担当者からの信頼も得ることができました。
このデータ入力の作業は作業自体は単純でした。ただ、そのデータを営業の方が見て受注するという大変重要なデータでした。単純な作業でしたが、その点、やりがいのある作業でもありました。とはいえ、慣れるに従ってデータ入力業務だけでは時間を持て余してしまうようになり、暇で暇で仕方なくなってしまいました。
こんなに暇な仕事で、時給をいただいていいのか何だか申し訳なくなり、そのことを上司に申し上げましたところ、ファイリングの仕事もして欲しいと指示されました。 ファイリング作業は特に急いでやる必要のない業務でした。ですから、暇ができたとき、気分転換したいときなど、ゆっくりとした時間の時に作業すればいいという程度のものでした。いろいろなデータを見ながら参考にして、事務所の人達にファイリングのコツを教えたりして喜んでいただけました。
この商社ではパートータイマーがいろいろなスポットでデータ入力の作業をしていました。ですから、自分の仕事が終わり時間が余ると、他のスポットで作業する場面もありました。ただ、どのスポットのデータ入力も同じような段取りでできるものばかりで簡単な作業でした。
最初のうちは商社のシステムに慣れるのに大変でしたが、作業自体があまりに単純でしたから、慣れれば本当に楽ちんな仕事でした。会社としてこんなに簡単な単純作業にこれだけの人数を使っても営業利益があるのだなあと感心したものです。この商社でのデータ入力の仕事には全てマニュアルが用意されていました。その通りに作業しさえすればあとは流れ作業になっていきます。それだけ簡単な仕事内容ではありましたが、その積み重ねによって社会の一部が成り立っていることを考えるとやりがいを感じました。
以上、私にとってこの商社でのデータ入力のお仕事は 楽でありながらやりがいもある仕事でした。世の中にはたくさんの仕事がありますが、この仕事に出会えて本当に良かったと感謝しています。これからももっと自分なりに努力して改善の余地があるところは改善できるよう頑張っていきたいと考えています。データ入力のパートやアルバイトは、【アルバイトEX】など求人サイトやアルバイト情報誌などでしばしば募集されています。 
                       (60代女性 楽なパートの仕事体験談)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク