インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

喫茶店でのアルバイト 楽なバイト

私はフリーター時代に様々なアルバイトをしてきました。その中で精神的に楽な仕事だなと思ったのは、喫茶店のアルバイトです。
喫茶店でのアルバイト 楽なバイト
飲食業の仕事は一般的にきつくでハードだと思われがちです。ただ、私がアルバイトをしていた喫茶店は、メニューが各種ドリンクとデザート(ケーキ、マフィンなど)しかなかっためか、比較的楽でした。
確かに サラリーマンたちがたくさん訪れる朝や昼といった時間帯は忙しかったのですが、そういう忙しい時間には 一時的なものでした。
忙しい時間が過ぎると喫茶店は本当に暇になります。お客様がほとんどいらっしゃらないわけですので、アルバイトスタッフ同士でおしゃべりをしたり喫茶店にかかっているクラシック音楽に耳を傾けながら、ゆったりとした時間を過ごす余裕が生まれました。
やる仕事内容としては お客様がカウンターに来たら 注文された内容の飲み物を作ってお出し精算をするというものでした それらの業務を数人のスタッフで分担して行なっていました。ですから、お客様の列ができる時間帯でも特に混乱することもなく与えられた業務を機械的に淡々とこなしていくという感じでした。あとは頃合いを見計らってテーブルの拭き掃除したり床に落ちてるゴミ拾いをしたりといったことも行っていました。
アルバイトスタッフとして働いているのは20代が中心で、皆それぞれ助け合いながら働いているという感じでした。ですから、仮に忙しい時間帯であっても一体感があり、皆でそれを乗り越えた時の達成感は心地よいものがありましたね。
また、私の場合もともと喫茶店という場所が大好きでした。いろいろ趣向を凝らした椅子や机、壁に掲げられた絵画 、室内にかかっているテンポの良い音楽、窓から降り注ぐ木漏れ日・・そういったものを味わいながら ゆったりとした時間を過ごすことが気に入っていました。ですから、実際に仕事として喫茶店に身を置くというのはとても幸せなことでした。自分とって心地のいい空間にいて仕事をできる。それも私がこの仕事を楽なバイトだと感じた 大きな理由だと今になってみれば思います。
  (フリーター時代の楽なアルバイトの体験談 30代女性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク