給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

土日祝のみの和装着付けのアルバイト

私は今までいろいろなアルバイトをしてきました。その中で、一番楽なバイトだと感じたのは、着付けのアルバイトです。当時、私は平日はOLとして企業で働き、土・日・祝のみ、着付けのアルバイトをしていました。着付けのアルバイトをする前に、和装着付けの資格を取得しました。こちらは取得しておくと一生もののスキルとなるので損はないと思います。
cd560498b9e5dc26b2d114e5964a66ce_s.jpg
成人式や結婚式などの着付けを中心に、仕事は月に3回程度。前もって仕事の連絡が入るようになっていました。季節によってその仕事量にはバラつきがありましたが、1月~3月はシーズンでもあり結構連絡がありました。何年かやっていると、いつくらいに仕事がきやすいか分かってくるので、スケジュールも立てやすかったです。
着付けのアルバイトは基本的に二人体制で行っていました。振袖や訪問着はかなりの報酬がありましたね。個人としては、帯結びの変わり結びが得意だったのでしばしば指名もされていました。そういった作業はとても楽しく、アルバイトをしているというより趣味の延長という感覚でした。着物をきれいに着てお客様が喜んでおられる姿を見るのもうれしいと感じました。
着付けのアルバイトは、いろいろ段取りの準備などはありますが、その作業時間はとても短いです。30分という短時間で稼げる楽なアルバイトでした。体力的にも精神的にも楽なアルバイトであると感じています。近年は世間の着物離れのせいもあり、着付けの依頼は少なくなりましたが、今でも続けています。
現在は主婦として子育て中心の日々を送っていますが、独身のころは働くことが大好きで、本業の傍ら、休みの日は率先して短期のアルバイトをやっていました。今から考えてみると、とり組む仕事を「楽な仕事」と感じるかどうかは、その職場でいかに楽しく働けるかにかかっていると思います。そのようなことを考えた時、できるだけ自分の趣味や好きなことを仕事にしてしまうのが一番良いのではないかと思います。
    (楽なアルバイトの体験談 40代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク