インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

地下街にあるカフェでの暇でラクバイト

地下街にあるカフェでの暇でラクバイト
私は20代の女性なのですが、これまでいくつかバイトを掛け持ちしてきました。
その中で、一番暇で楽だと思った仕事は地下街にあるカフェでの店員でした。

スポンサーリンク



その地下街にあるカフェは、昔ながらのカフェということもあり年配の方が来られて長居するようなお店でした。
常連の方も多いですが纏まって来るのではなく、どちらかというとバラバラな時間帯で来ることが多かったです。
それなりにメニューの単価が高くて、メニュー数も少ないお店。そんな時代錯誤のお店だっただけに、お客様の数はいつも少ない状態でした。
メニューのなかでは、コーヒーのみを頼まれるお客様が多かったです。ですから仕込みや掃除も当然ですが、働く身からすると作業が簡単で楽でした。
勤務中も暇をしていることが多かったですし、ギリギリの時間帯に片付けや書類業務を始めても定時にはきっちりと仕事が完了していました。
とにかく暇なバイトでしたので、アルバイトの大学生とロスになったコーヒーでお茶をしたり、テスト前になったら大学生のアルバイトがテスト勉強を始めたりとマイペースな時間が流れていました。
それすらも終わるとお店の前を行き来する人たちを観察したりそのお客様が何をしているか想像するなどして暇つぶしをしていました。
もちろんそれほど暇なお店なので、他の店舗からは売上が低いと指導が入ったり嫌みをいわれることもありましたが・・。
スポンサーリンク



私はその当時、この地下街のカフェ店員以外にもいくつかの飲食店のアルバイトを経験ました。
いろんな思い出がありますが、この地下街のカフェ程暇な仕事はなかったなと、この文章を起こしながら思い返してしまいました。
私を含めてアルバイト全員がキッチンとホールの仕事を兼用していました。ただ、コーヒーの淹れ方など覚えてしまうと同じことの繰り返しで簡単でした。
また、来店されるお客様も人の良い方が多くて仕事を嫌だと思ったことはありませんでした。
お客様の人柄のおかげで楽しいと危機感を吹っ飛ばされるほどの楽しさがありましたし、たまに海外からの旅行客が来店したときのわちゃわちゃしていたのも今では良い思い出になっています。
英語を専攻していた大学生アルバイトや海外に旅行へ行ったことのあるアルバイトの人がいて良かったと心から思ってしまいました(笑)
働いていた期間は2年間という比較的短い時間でしたが、心優しいアルバイトの人たちと個性の強いお客様、そして仕事内容の楽さゆえに、良いアルバイト生活を送れたと思います。
  (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク