夜勤のネットカフェバイトは暇が多くおススメ

aecf6edd470eda7821328d12e642cdfe_s.jpg
私が今までやった仕事のなかでダントツで楽なアルバイトだなと思ったのは、ネットカフェのアルバイトです。

スポンサーリンク



ネットカフェで私は夜勤シフト中心で働いていました。ネットカフェでする仕事はいくつか業務が分かれ
ています。
一つ目は「受付業務」です。受付に来られたお客様に、希望する席(オープン席ORブース席)や使用する時間を聞いて伝票発行。
お客様が帰られる際には伝票を基に精算作業を行います。パソコンに専用ソフトが入っていてボタンを押すだけで伝票発行やレジ業務をできたので難しくはありませんでした。
また、常にお客様が受付にいらっしゃるということもないわけで、意外と暇な時間があり慣れたら楽勝でした。
次に「掃除業務」です。こちらはお客様が帰られた後、ブースに放置されているコップや漫画などを片付け簡単に拭き掃除をしたり、パソコンが起動していたら電源をオフにしたりする作業です。
あとは時々床掃除をしたりドリンクの入れ替えをしたりもします。機械的な作業ですし、ある程度掃除ができる人なら全く問題なくこなせるのではないかと思う作業です。
3つ目は「簡単な調理」です。調理と言っても料理ができる必要は全くありません。レトルト商品をレンジで温めてお皿に盛って座席に持参するだけです。
ネットカフェでの仕事は大体、上記の3つくらいです。後は受付前におかれているワゴンの商品販売や業者さんの対応みたいなものもありますが難しいものではありません。
ネットカフェでのアルバイトはとにかく楽な仕事でした。
他のアルバイトでつとまらなかった人も「この仕事ならできる!」と何年も在籍していたりしていたものです。
スポンサーリンク



どうして楽な仕事なのかというと、ネットカフェでは基本的にお客様のセルフサービスで事が進んでいくからです。
ネットカフェでは漫画を読んだりドリンクを飲んだり自由にすることができるのけれども、それらはお客様が勝手にされること。スタッフは基本的には何もタッチする必要がありません。
コップが散乱してあったり漫画が散らばっていたらそれを片付けるぐらいのことです。
またお客様がいらっしゃらない時間というのは基本的にスタッフたちをやることがないというのも楽な仕事だと感じた大きな理由でした。
特に私が働いていた深夜帯となると、お客様の数は非常に少なく人の出入りも少ないという状況でした。そんな時は暇で仕方ないので漫画を読んで暇つぶしをしていたものです。
漫画喫茶はとにかく漫画の数がとにかく多いですからまさに宝の山という感じです。「こち亀」「ドラゴンボール」「 ジョジョの奇妙な冒険」「 one piece」 などなど長編の漫画をことごとく読破したものです。
朝が来て始発電車が動き始めるとお客様が ポツポツ帰り始めるので受付作業をします。また朝食は100円でポテトとパンがついたものを販売していたのでそれを用意したりもしていました。
とはいえ、お客様の人数自体が少ないのですぐに終わってしまいました。ネットカフェでのアルバイトは仕事が暇で楽なのに時給1000円を超えていました。
ですからなんだか休憩して漫画読みにきているだけなのにどんどんお金が貯まっていく様なそんな感覚のアルバイト生活だったことを思い出します。
漫画喫茶の仕事はアルバイト求人誌やアルバイト求人雑誌でも募集していると思いますが、店の店内にアルバイト募集の広告を張り出していることが結構あります。
私の場合、もともとネットカフエのヘビーユーザーで店内で求人広告を見つけて応募し採用されました。
もしネットカフェでアルバイトをしたいと思う方は、働いてみたいお店にお客として足を運んでそういった広告は貼られていないか探してみてはいかがでしょうか。
 (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク