夜間コールセンターは楽なバイトでした

昨今の日本では、24時間の受付、対応サービスがBtoCのビジネスで当たり前の様に行われています。金融機関 、 保険会社、 通信販売、設備メンテナンスなどなど。珍しいものでは、結婚相談所の受付といったものまであります。
d97d97c902efa9fa179f6b9a02645ff1_s.jpg
運営しているのは、BPOセンター運営会社やそれぞれのサービスを販売している会社であることが多いです。エリアとしては、首都圏あるいはある程度人口がある地方都市圏周辺が中心。車ないしは交通機関で通勤しやすい場所であることがほとんどです。私はそれらの連絡窓口となる「夜間コールセンター」でのアルバイトがいろんな意味で「楽なアルバイト」だと考えています。その理由は以下の通りです。
まず、夜間コールセンターでのアルバイトは、極端なネガティブ要素がなければ採用率が高いからです。夜間という勤務時間帯もあって、まず応募者が少なく競争率が低いのです。また、勤怠と言葉遣いに最低限配慮出来れば仕事が勤まるというのも敷居が低い理由です。
続いてコールセンターは、顧客対応を前提とした職場ということもあり、責任者レベルの担当者は作業系の現場よりオフィスワーカーらしい対応をしてくれるという理由が挙げられます。(ガテン系、所謂ナイトワーク系が苦手な方はこちらの方が楽だと感じるでしょう。)やはり長く働くにあたって、その点、精神的ストレスがたまりにくいという利点があると私は感じました。
次にコールセンターでのアルバイトは、マニュアルが整備されていることがほとんどだという理由が挙げられます。数日から一週間程度の研修を経たら、ある程度業務をこなすことができるという感じでした。応対の品質が自社やクライアントの評価に直結するため未経験の方へのサポートが比較的手厚い点も安心できる要素のひとつです。
あとは、夜間コールセンターでのアルバイトは時給が1000円以上と高めに設定されているのもポイントです。ですから、一晩で一万円以上安定して稼ぐことも難しくありません。現在物流系、作業系、飲食サービス系の一般的な時給が1000円を切るケースが多いことを考えると、作業強度を考えれば好条件(=楽)と言えると思います。サービス業といってもお客様と直接対面して接する訳ではありませんので、ストレスも問題ないレベルでしょう。
加えて、コールセンターでアルバイトをつづけていると、契約社員・派遣社員としての契約が可能なケースもあります。能力と努力次第ではマネジメント経験も積みやすい職種だといえるのではないかと思います。もし、社会人経験がない、乏しい方の場合、その後につながる(少しでも楽に生活出来る収入を得るプロセスになる)経歴を得られるという意味でも、夜間コールセンターのアルバイトは良い職場だと思います。
どんなポイントにその仕事の「楽さ」を求めるかによって、選ぶ会社、選ぶ事業所が変わってきます。一度不義理をすると同じ会社での仕事には就きにくくなりますので、できることなら現場を確認してから業務に就いた方がよいかもしれません。
ちなみに、夜間コールセンターのアルバイトは、かなり緩い職場環境にあります。顧客から電話がかかってこなければ基本的にやることがない暇な時間ですから・・。そんなこともあって、中にはうつらうつらどころか睡眠をとりつつ対応しているスタッフもいたほどです。そういったスタッフでも一応は勤務が勤まってしまうのですから、本当に楽なアルバイトとはこのことだと思います。ただ、あまりに緊張感をなくした状態でいるとどこで足を掬われるか分かりません。人によっては怠惰になりすぎてしまったら顧客からのクレームにつながり職を追われることになるかもしれないからです。
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

~日本最大級の派遣情報サイト~
以上、夜間コールセンターでのアルバイトは、とても楽なアルバイトです。徹夜をするのが平気でかつ最低限のPC入力と会話が可能な方にはもってこいの楽なアルバイトだと思います。
  (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク