関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

夜間セルフガソリンスタンドバイト体験談

私が今まで経験したアルバイトのなかで一番暇で楽な仕事だと思ったのは、、フリーター時代にやっていたセルフガソリンスタンドでのアルバイトです。ガソリンスタンドバイトのなかでも、「セルフガソリンスタンド」というのがポイントです。
dd5f927c8059d0fa69557466efd3ca71_s.jpg
セルフガソリンスタンドは、お客さんが自分で給油するガソリンスタンド。基本的に最初から最後までお客さんがひとりでやるので、アルバイトスタッフがこちらから手伝うようなことはありません。ではアルバイトスタッフは何をするのかというと、それを監視して、不測の事態が起きないかをチェックするのです。
具体的には、お客さんが給油されるときには、タッチパネルが光るので事務所に居てをタッチしていきます。あとはたばこを吸っているなど給油の際に危険行為がないかをチェックします。あとはごくたまにお客さんが質問に事務所に来られることがあるので、それに回答することもあります。
セルフガソリンスタンドで実際にアルバイトをしてみて、仕事をしているというよりは、留守番をしているという状態に限りなく近いと感じました。監視はひとりで仕事をするだけに気楽ですし、重たいものを持つなど体力を使うような場面も皆無でした。
さらに私は夜間シフトで勤務していただけに、更に仕事が楽になっていました。というのは、24時まではそこそこ車両が給油に来るものの、それ以降の時間帯はほとんど車両が来ないのです。来ても1時間に3~5台程度でしょうか。深夜はあまりに暇で暇で・・やることがないので モニターを監視しつつも、テレビを観たり、スマホでゲームをしたりして暇つぶしをしていましたね。とはいえ、寝てはいけないので、睡魔との闘いが大変だと感じたことはありました。
朝になるとWCを掃除して日報を書きます。あとは朝からシフトに入っているアルバイトスタッフが出社してきたら引き継ぎをしてその日の勤務は終了です。
セルフガソリンスタンドでアルバイトをした感想としては「これは本当に仕事なのか?」と思うほど仕事が楽ちんでした。時給は800円とそこそこでしたが、拘束時間が長いものですから日給は9000円近くにもなっていました。昼間に働いて9000円もらおうと思えば、重たいものを持って汗だくになったり複雑な人間関係に揉まれながら大変な思いをしなければならないことでしょう。一方、セルフガソリンスタンドでの夜間監視の仕事は、実質的に留守番をしているだけでこれだけの給料がもらえてしまうので 本当に割の良い仕事だなあと思ったものです。
夜間セルフガソリンスタンドのアルバイト募集は、「日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】」や「バイトル[学生歓迎]のアルバイト情報を検索」など求人情報サイトに登録して調べると見つけやすいですよ。なお、私のアルバイト先では、応募するときに危険物取扱者(乙4)と運転免許証必須でした。危険物取扱者(乙4)はあまり聞き慣れない資格かと思いますが、意外と簡単にとれてしまう資格です。
   (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク