インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。 転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントに経歴、希望する年収・雇用条件などを登録しておけば、転職エージェント側が登録者にマッチする求人をいろいろ探してきてくれます。それに加えて、転職にまつわる人生相談、職歴書など書類の添削、面接の練習、企業との交渉なども全て転職エージェントが無料で行ってくれます。転職エージェントには転職エージェントのパソナキャリアほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。 スポンサーリンク

大型テーマパークでのキャストのバイト

大型テーマパークでのキャストのバイト
私は以前、某大型テーマパークのアトラクション運営キャストとして働いていました。このアルバイトがいろんな意味で楽でした。

スポンサーリンク



雇用形態は長期アルバイトです。私がそのテーマパーク常駐していたアトラクションは、そのテーマパーク入り口からは結構離れているところにあり、しかもあまり目立ちませんでした。
さらにアトラクションはあまり人気がありませんでした。
離れ小島に渡って探検するという内容だったのですが、その辺の大きな公園でも出来そうな内容。
ですから、アトラクション概要をお客さんに説明すると、「な~んだ・・それだけ・・?」とがっかり残念そうに去っていく人も少なくありませんでした。
そんな感じの不人気のアトラクションでキャストをしていただけに、他のアトラクションが混み合っているようなときでも、「暇」という状況でした。
時には、30分誰も来ないということもありました。
そんなとき、私たちはやることがなくて、ただボーっと時間が過ぎるのを待っているだけでした。
スポンサーリンク



当然、そんな暇でやることもないとアトラクションにスタッフをたくさん置いていても仕方ないわけです。人件費だけが嵩んでいくわけですから、シフトで早上がりの人を優先的にどんどん帰してもらっていました。
ですから繁盛期でさえ予定より早く帰れるといこともしばしばでした。
「もしこの後混んだりしたら・・」と考えるような心配性の上司が担当の場合、「暇だったらパレードのお手伝いしてきてもいいよ」、「他のアトラクション混んでるから列の整理してくれる?」みたいに自分のロケーションでないところに配置されることもありましたが非常に稀なことでした。
基本的には、私のアルバイトをしていたテーマパークでは決められたひとつのアトラクションに常駐し、同じ仕事をひたすらこなすことになっていました。
ですから、お客さんがあまり来なくて暇なアトラクションに所属された私はとてもラッキーでした。
しかも、こんなにお客さんが来ない状況でも勤務中は1時間半ごとに15分の自由時間が与えられていたので、体力的にも楽でした。
休憩時間は大抵はみんなオフィスに入ってお茶を飲んだりお菓子をつまんだりしながら、和気あいあいとゆったり休んでいたものです。本当にお気楽なものでした。
他のアトラクションでは忙しい時間帯にはロクに休憩も取れない状況だと聞いていたので、私が配属されたアトラクションはラッキーだったといえます。
また、アルバイトの同僚や先輩も個性的で面白い人ばかりだったので、おしゃべりに華を咲かしすぎるなんてこともしばしば。本当に楽しかったです。
上司は数人おり、テーマパーク内をそれぞれ巡回してトラブルが起きないか監視していましたが、私たちのアトラクションに訪れることはめったにありませんでした。
それは、お客さんの少ない暇なアトラクションを巡回してもあまり意味がないからです。
また、私達のアトラクションにはたまたま大ベテランのキャストが過半数だったので、上司も現場を半ば任せていたという理由もありました。
時にはお客さんが一人もこないためにベテランキャストが上司に相談し、早めに若いキャストを帰らせてくれることもありました。
お給料は、早上がりした時間から予定勤務終了時間の半分の金額をもらえたので、早く帰れたほうがお得感がありましたね。
また、私は平日限定で働くキャストだったため、なおさら暇な時間が多かったです。平日となると、テーマパークに訪れるお客さんの数は土休日に比べてかなり少ないですので・・。
テーマパークは季節によって運営時間が変わるため、夏場は長く運営しているものの、冬場は短時間運営でした。
平日の冬場においては、5日間中4日ほどは完全に暇で、ほとんどお客さんがこなかったのを覚えています。
      (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク