大学や研究施設での心理学実験バイト

私は現在大学生です。大学では部活動で忙しいため、合間を縫ってできる短期バイトを中心に取り組んでいます。
そのなかで特に楽なアルバイトだなと思ったのは、大学での心理学実験のアルバイトです。
aecf6edd470eda7821328d12e642cdfe_s.jpg
心理学はたくさんのサンプルから統計をとり研究を進めていく学問です。その実験台になるのが心理学実験バイトと仕事内容です。研究員さんの指示に従って作業をしたりアンケートに答えたりするだけですから、誰にでもできる仕事だと思います。
私は大学の掲示板に貼られている求人票を見て、心理学実験バイトの案件を知り、毎回のように申し込んでいました。その仕事内容はいつも簡単なものでした。


ある日の心理学実験は、パソコンを使った心理学実験でした。パソコンにいろいろな色彩の模様が映しだされるのですが、それぞれの画像を見て、「おいしそうか、おいしそうでないか」を答えるというものでした。いろんな画像が表示されるたびに、そのいずれかを主観で判断し、マウスをクリックしていきます。
その作業には正解はありません。自分が直感的に感じたままに判断すればいいので、気がラクでした。その作業を途中、休憩をはさみながら、延々と繰り返していきました。あまりに簡単で単調な作業であるため、途中、眠たくて眠たくて仕方ありませんでした。
重い瞼を必死で支えながら2時間少々で全ての作業が終わりました。あとは研究員の人から、簡単な感想を聞かれ回答して終了になりました。それで謝礼金(日当)は(交通費込み)で6000円也!飲食店やコンビニのバイトなら半日ほど走り回ってようやく稼げる金額です。非常に割りの良いアルバイトだなあと思ったものです。
心理学実験バイトは実験台として協力するにすぎませんから、心理学の専門知識やその他技能は不要。体力的にも精神的にも楽なアルバイトですし、謝礼金(日当)が良いので大満足でした!
交通費は出ないことがほとんどなので、あまり遠方ならうまみがないかもしれませんが、近くの大学や研究施設ならば、心理学実験バイトはとてもおいしい楽なアルバイトであると思います。
   (学生時代の楽なアルバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク