給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

大学時代に経験した楽なバイト3選

私は現在20代の女です。大学時代に様々なアルバイトを経験してきましたが、「楽だったなぁ」と感じたアルバイトが何種類かありました。そのうちのランキングベスト3を発表したいと思います。
私が大学時代に経験した楽なバイトランキング
第3位「年賀状の仕分け」(短期バイト)
「私が大学時代に経験した楽なバイトランキング」第3位は郵便局での年賀状の仕分けバイトです。
私はこのアルバイトを、大学時代の年末の冬休みを利用してやっa1380_000343.jpgていました。裏方での作業系のバイトはそれまで経験がなく自信もなかったのですが、いざバイトを始めてみると接客とは異なりお客さんに気を遣うこともなく、気楽にやることができました。
年賀状仕分けバイトの仕事内容は、大量の年賀状を郵便番号を元に仕分けていくというものです。細かく仕切られた棚があり、番号ごとに棚の中に放り込んでいく作業を延々とやる作業です。最初こそ戸惑いましたが、数日も経てばかなりのスピードで仕分けることができるようになり、気持ちが良かったのを覚えています。
年賀状を仕分けるという仕事の性質上、立ちっぱなしで同じ作業を繰り返す仕事ですが、休憩時間もきっちり取れるのでしんどいとは感じませんでした。1時間のうち5分~10分は休憩があり、むしろ休憩が多すぎて嫌になったほどでした。
年賀状の量が多い日は残業を頼まれることもありましたが、もちろん残業代もきっちり出ました。時給こそ安いのですが、楽をしてそこそこ稼ぎたいという方には、郵便局での年賀状仕分けバイトはぜひおすすめの楽チンバイトです。
私が大学時代に経験した楽なバイトランキング
第2位「パン屋」(長期バイト)
「私が大学時代に経験した楽なバイトランキング」第2位はパン屋でのアルバイトです。私が働いていたパン屋はあまり人の来ない田舎にある小さなパン屋でした。
a0002_011507.jpg
パン屋でのアルバイトは、私にとって人生初のアルバイトでした。個人経営の店舗だったこともあり、詳しい接客マニュアルなどはなく、見よう見まねで仕事を覚えていくスタイルでした。
その点ではチェーン店などの方がマニュアルや研修など用意されており、基本から教わることができるので安心かもしれません。しかし、後から振り返ると、個人経営の方が気楽で良かったと感じていました。
なぜなら、細かい決まりがないだけに、家族にとけ込んだように、のんびり自由な時間を過ごすことができたからです。パン屋では接客から簡単な調理からいろいろやっていましたが、お客さんが少ないため、実質的には店番をしているようなものでした。
また、厨房からこちらが見えない店舗構造になっていることもあり、眠たくなったら思い切りあくびをできるなど、気楽にのんびり過ごすことができた点も楽な仕事と感じた理由のひとつです。
同じ接客業でもコンビニのアルバイトも結構楽だと友人から聞いたことがありますが、パン屋の方が明らかに仕事が楽だと思います。というのは、店内にはパンしか売っていないので覚える商品や値段も限られているからです。
また、パンもそれぞれ袋に放り込むだけでOKで、レジ打ちも簡単です。カード払いや大きなお金が動くこともなく、慣れるととても楽な仕事になると思います。特に個人経営のパン屋の場合、あまり細々決まり事がなく、販売のアルバイトへの負担は非常に少ないと思います。
私が大学時代に経験した楽なバイトランキング
第1位「試験監督」(短期バイト)
「私が大学時代に経験した楽なバイトランキング」第1位は「試験監督」のアルバイトです。試験監督のアルバイトは基本的に1日限りの超短期の仕事なので、長期バイトを辞めて次の仕事を探すまでの繋ぎでよくやっていました。
a0027_001505.jpg
試験監督の業務としては、試験前にプリントを配ったり、注意事項を黒板に書いたりする仕事もありますが、試験中は基本的にじっとしているだけでした。
試験監督という肩書きからするとカンニングを防ぐため目を光らせている大変な仕事のようなイメージを持たれがちですが、全くそんなことはありませんでした。なぜなら、実際にカンニングをする人などまずおらず、皆真面目に試験に集中しているからです。ですから、トラブルが起こるなんてこともよほどのことがない限りありません。
当然、試験監督として働きながら、出番もほとんどなく、試験中に何かやることがあるにしても、たまに消しゴムや鉛筆を落とした生徒がいて、それを拾ってあげるくらいでした。
むしろ、試験監督の仕事はあまりに平穏すぎて飽きてくるので、どのように時間をつぶすかがテーマとなっていました。私の場合、バイト終わって何を食べようかなあ?と頭の中で食べ物のことを考えて時間をつぶしていました。とにかく暇で楽で仕方のないアルバイトでしたね。
(暇で楽なアルバイトランキング 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク