インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

大手企業の派遣社員って暇で楽なんだ!

大手企業の派遣社員って暇で楽なんだ!
私は学生時代には洋菓子屋でアルバイトをし、新卒で入った正社員時代は事務職として働いていました。
洋菓子屋のアルバイトは立ち仕事で暇な時間こそあったものの、体力的には疲れる仕事でした。
また正社員として勤務していた事務の仕事は納期が迫られていたり、中国とのやりとりがうまく出来なかったりと、精神的にかなりつらい仕事でした。
正社員の仕事を辞めた後、私は派遣会社に登録して、派遣社員として働く道を選びました。
派遣社員の仕事も、それなりに大変なんだろうなと不安に思いつつ仕事をしていたのですが、本当に楽な仕事で拍子抜けしました。

スポンサーリンク



予想以上にラクだった、派遣先の大手企業での仕事
派遣会社を通して、私はある大手企業に派遣されたのですが、私服でもOKの会社でした。
ロッカーもあり、オフィスもキレイでとても快適。皇居の近くにオフィッスがあったこともありランチも外に行けましたし、時間を少しくらいこえても怒られることもなし。
ゆったりまったりした雰囲気の会社で、働く上での環境としては最高でした。
肝心の仕事内容ですが、その大手企業では、派遣社員は正社員のように責任のある仕事を与えられることはありませんでした
コピーを取ったり備品を発注したりと簡単で楽な作業ばかりでした。
コピーをとるといっても、大量コピーの場合は社内にあるコピーセンターというところへお願いすれば、30分程度でやってもらえるので楽でした。
たまに英文作成などもありましたが、ネットの翻訳機能を使っていたのでさほど大変でもありませんでした。
あと、多少営業さんや、上司と話をしなければならない場面はありましたが、派遣社員である私は基本的に何かを率先してする必要もありませんでした。
ただ話を聞きながら、毎日ただ座っているだけでした。
スポンサーリンク



派遣社員はやる仕事がなくて暇を持て余すことも!
派遣期間中、あまりにも仕事がなくて暇だったときも結構ありました
そんなときは本を読んだり資格の勉強をしたりしていました。
もちろん上司の許可をもらっていたので、堂々と出来ました。それがきっかけで話しかけてくれる方もいらっしゃいました。
大手企業の派遣社員は休暇も取りやすい!
休暇に関してもかなり取りやすい会社でした。
正社員時代は自分が休むと誰か他の人にその仕事をお願いしなければならず、なかなか休みが取りにくい状況でした。
欠勤するとどんな理由であれ会社からこっぴどく怒られていたものです。それがむしろ普通なのかもしれません。
ところが、派遣社員として働いたその大手企業では、私に与えられた仕事が、あまり急ぎのものでないということもあってか、心置きなく休暇がとることができました
また、急に欠勤になってしまっても何も言われませんでした
こんなに暇で楽な仕事なのに時給1500円もの賃金をいただいていました。
よほどのことがなければ定時で上がれますし、もし残業になったとしても、残業代も5分おきに支払われていました。
あと、大手企業だけに皆さん羽振りがよいのか、よくいつもご馳走してもらっていました
派遣された最初の一週間ほどは全てランチはおごってもらっていました。残念ながら派遣期間は満期になってしまったのですが、最後もきちんと送別会を開いていただき、写真立てなどもらいました。
仕事は暇で楽でしたし、最後の最後まで至れにつくせりで、本当にいいお仕事でした。
        (楽な派遣の仕事の体験談 20代女性)

スポンサーリンク