子連れのポスティングバイトは大変

685287d4e01e85feaa0d5c9ac5772238_s.jpg
私は子どもがまだ小さかった頃、ポスティングのアルバイトを3か月ほどやっていたことがあります。
ポスティングとは、指定されたチラシを各家庭のポストに投函していくというお仕事です。

スポンサーリンク



当時の私は、子どもを預けて働くことは難しい生活環境にありました。そんなある日、アルバイト求人サイトを眺めているとポスティングバイトが掲載されていました
抱っこ紐やベビーカーを使用して子どもを連れて出来る仕事で、さらに子どものお散歩がてらにもなるのでこれだ!と思い応募しました。
楽な仕事をして子育てと両立をできる!そのときはそう思いました。
しかし、実際にポスティングの仕事をスタートしてみると、想像通りにはいきませんでした。
仕事内容は確かに作業自体は単純で楽な仕事だといえるかもしれません。ただ、渡されたチラシを担当の地域に配りに行く以外にもいろいろな作業が必要でした。
例えば、3種類くらい渡されるチラシをそれぞれ組み込んで1セットとし、それを200セットぐらい作らなければなならなかったのです。
その作業を子どもに邪魔されないよう進めるのは思いのほか大変でした。お昼寝中などにセットする時点でかなり時間がかかってしまいました。
また、配るときもチラシも最低で一度に50セットは配らなくてはならないので50セットを持って子どもを抱っこ紐に入れて歩き回るのも辛く、ベビーカーはアパートに入るときなどの時は邪魔になってしまい、上手くいかないことも多かったです。
そして何より、私がポスティングをスタートしたのは真夏だったので、夏の暑さも耐え何時間も歩き回り入れて行かねばなりませんでした。
ポスティングにはノルマと期限がありました。私の場合、ノルマとして1週間で200セット配らなければなりませんでした。
晴天続きの季節ならよいのですが、雨が続いた後などは1度に何時間もやらなけれ作業がば終わらなくて、倒れそうになりながらこなしたこともありました。
スポンサーリンク



ポスティングは楽な仕事だとよくいわれています。確かに仕事自体は難しいことはなく楽だと思います。
ただ私の場合、実際に子供の面倒を見ながらやってみると大変でした。
単にチラシを配るだけの仕事ではなくその前の作業も多く、それでも報酬は1件3円などの世界なので段々割に合わないなと思うようになりました。
また、ポスティングバイトは、精神的に負担とある部分もありました。
私が配っていたのはお掃除などの会社のチラシだったのですがチラシを入れていると、お家の方が急いで出て来て「ゴミになるだけだから入れないでくれ!」と怒られたりすることもありました。
なかなか件数を稼げないのも辛いですが、住民さんに叱られたときの辛さは相当こたえました。そういったことを気にしない人ならよいでしょうが、私の場合、かなりこたえてしまいました
結局、3ヶ月程頑張りましたがどんどんノルマも増えていったので私はポスティングのアルバイトに限界を感じて辞めることになりました。
当初は、子連れで気分転換にもなりそうで楽な仕事に違いないと応募したアルバイトでした。ただ、実際に子供を連れてやってみると思いのほか大変で体力も必要な仕事でした。
なかなか楽な仕事というものはないものだなあと思いました。とはいえ、子連れではなくひとりでなら断然フットワークが軽くなるわけです。
また、仕事内容自体は簡単であるので、自分一人ならもっと気楽にできると思いました。
ですから、子供がもう少し大きくなって時間ができたらまたやってみてもいいかもしれないとは思っています。
    
 (楽そうで意外とキツかったアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク