インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

学力調査テスト採点バイトは人間関係が楽

私が今までに経験したアルバイトのなかで、一番人間関係が楽な仕事だと思ったのは、学力調査テストの採点バイトです。応募した後まず初めに、採用試験を受けました。各科目の試験を受験し、(中学レベル)採用された場合自分の一番適性のある科目に振り分けられます。私の場合は、中学生の数学を採点する担当になりました。アルバイト期間は2ヶ月間でした。
学力調査テスト採点バイトは人間関係が楽
中学生の学力調査テストの採点バイトの作業内容は、PCに送られくる採点マニュアルに沿って生徒さんの答案用紙を、どの解答パターンに近いか選択していくというものです。慣れるまでは微妙な解答をどのパターンと判断するか難しさを感じましたが、研修も丁寧で慣れることができました。
採点作業を進める中でもし分からないことがあれば、社員さんにその場で質問できる点も楽でした。判断に迷う解答で時間を費やすこともなく、あまり悩まないで済んだと思います。フリスクを食べるのが許可されていたり、頻繁に休憩があったりと、結構自由な雰囲気で働きやすい職場だとも感じました。
学力調査テストの採点はPCを用いた単純作業でした。ですから目が疲れたり、肩がこったり、眠くなったりという難点はありました。私も寝てしまってスタッフの方に起こされたことがありました。それは裏を返せば仕事が楽であるということなわけですが。
この採点バイトの給与は、時給1000円からのスタート。一定の時間数を越えると時給1100円に上がりました。シフトに関しては自己申告制で、自分が働きたいときに自由に働けるようになっていました。ですから、他のバイトと掛け持ちや大学生活との両立もしやすかったですね。
勤務は1週間に一回程度でもいいですし、採点のノルマもありませんでした。基本的に一人での作業となるので、人間関係も楽でしたね。真面目に採点作業をしさえすれば、仕事中にスタッフから怒られたりすることもありませんでした。気楽にのんびりとできる職場環境だったと思います。
何回かは少人数のチームを組んで、共同で採点作業することもありました。その時は少しだけ気を使いましたが、みなさんテストを受けて入ってきている方々なので会話もスムーズにでき、特にやりずらさは感じなかったです。
私は結構な人見知りで、友達も少ないタイプなのですが、人間関係が楽でストレスなく働けたと思います。その点を考えたとき、テストの採点バイトは私のように人づきあいが苦手で・・といった人にもおすすめできるアルバイトだといえるでしょう。
中学生の学力調査テストの採点バイトを通して印象に残ったことは、担当の方がユーモアある面白い方だったこと。アルバイトの眠気を防止するために色んなトークをしてくれました。恋愛についての考え、教育についての考え、クイズの出題、自身の失敗体験などテーマもバラエティに富んでおり面白かったです。単純作業が慢性化してきたときにトークが始まるので、いい気分転換になり、集中が切れずに最後まで継続して採点作業を進めることができたように思います。
学力調査テストの採点バイトの醍醐味は、いろんな生徒さんの解答を見てそれがどのパターンに当てはまるのかを考えられる点です。結構難しい問題もありますが、そこをマニュアルを見ながら考えていって、やり終わるときには達成感がありました。なかにはユニークな解答があって、思わずくすりと笑いそうになることも。様々な人の考え方を知る機会になったので、その点はとても勉強になったと思います。
  (人間関係が楽なアルバイトの体験談 20代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク