学生時代にやった楽なバイト

a0002_008436.jpg
私は高校生の時の初めてのアルバイト以来 約6年間の学生生活のなかで、様々なアルバイトを経験しました。その中でも特に楽だった3つのアルバイトを紹介したいと思います。

スポンサーリンク



学生時代にやった楽なアルバイトランキング
第3位「マンションのサービス」(長期バイト)
私が学生時代にやった楽なアルバイトランキング第3位は「マンションサービス」のアルバイトです。
マンション管理のお仕事とは別に、マンションの住民の方向けに様々なサービスを提供するというのが、マンションサービスの仕事です。
例えば、マンション内で来客駐車場の受付をしたり、クリーニング・コピー・ファックスなどのサービスを提供したりといった仕事を行います。
常駐していた部屋はエアコン付きで年中快適に過ごすことができ、テレビや冷蔵庫も完備されていました。
サービス提供件数もさほど多くなく、お仕事以外の時は部屋内では基本的に自由に過ごしてよいということになっていました。
ですから、やることがなくて暇なときは、テレビを見たり、読書をしたり、試験勉強をしたり・・・ととにかく自由に過ごしていたことを思い出します。
また、基本的に一人での仕事なので、上司や先輩に気を遣う必要もありませんでしたし、その場に居れば良いというお気楽なアルバイトでした。
住民さんからは便利なサービスを提供することで感謝されることが多く遣り甲斐を感じる機会も多いアルバイトでもありました。
スポンサーリンク



学生時代にやった楽なアルバイトランキング
第2位「地方競馬場」(長期バイト)
私が学生時代にやった楽なアルバイトランキング第2位は、地方競馬場でのアルバイトです。
a1370_000218.jpg
私は某地方競馬場で入場券の受け取りをするアルバイトをしていました。
地方競馬場入り口のチケットブースでお客さんが買った入場券を回収するだけという単純作業だったので楽チンでした。
1時間おきの仕事だったので、作業が楽な上に実働時間は短いという特典付きでした。
お客さんはクセのある男性も少なくありませんでしたが、警備の方が一人付いてくれていたので当時学生だった私も安心でした。
帽子ほか少し奇抜な制服を着用しないといけなかったのは少し恥ずかしかったですが、とにかく楽なアルバイトでした。
学生時代にやった楽なアルバイトランキング
第1位「試験監督」(短期バイト)
私が学生時代にやった楽なアルバイトランキング第1位は、「試験監督」のアルバイトです。
a1400_000315.jpg
私が試験監督のアルバイトをしていた場所(試験会場)は、自身が通っていた大学でした。
普段から行き慣れた場所だったということもあり、初回から気楽に取り組むことができました。
午後からの試験に備えて、試験監督のアルバイトたちは朝は早くに集合。
まず、会場準備として、受験番号や答案用紙を並べたり、注意事項を黒板に書いたりといった作業を、数名でやっていきます。
準備が終われば、昼休み休憩となり豪華なお弁当が支給され、試験監督のアルバイトたちは午後の試験時間に備えます。
試験会場担当の場合は試験が始まるまでは会場で待機し、時間がくると問題用紙・解答用紙を配布します。試験時間中は、試験が問題なく終わるよう見守り、時には受験者の対応にもあたります。
試験時間が終了すると、問題用紙および解答用紙を回収します。試験監督のアルバイトは拘束時間は長いですが、すべき作業自体がとても少なく、とにかく楽なアルバイトだったと思います。
(学生時代の楽なアルバイトランキング 40代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク