学生時代に経験した楽なバイト3つ

私は現在30代の男性です。今から15年ほど前になりますが、大学に通いながらさまざまなアルバイトをやっていました。そのなかで、特に楽だったアルバイトのランキングベスト3を以下、発表したいと思います
私が学生時代に経験した楽なアルバイトランキング
第3位「大手スーパーの店内改装」(短期バイト)
私が学生時代にやっていたアルバイトの中で、特に楽なアルバイトランキング第3位は、大手スーパーの店内改装のアルバイトです。
a0002_001257.jpg
とある地元の大手スーパーが店内を大改装することになり、求人広告を見て応募しました。
アルバイトの期間は二日間で日給は1万円というなかなか良い勤務条件でした。
アルバイト1日目は、店の中の商品をコンテナに詰め荷車に載せていく作業をひたすら行いました。お店は休業状態での作業。アルバイトたちは駐車場に集合して200人近い人数で作業をしました。朝10時くらいから作業を始め、19時には終了しました。
アルバイト2日目は、マネージャーの指示に従い荷車を移動し、コンテナを解体。その後、商品を陳列していく作業を行いました。そこでは少し力仕事は必要でしたが、何も考えず指示に従って作業さえしていればよかったので精神的には楽でした。普段なら触れることのないような珍しい商品を見ることができたり、いつも買い物をしているスーパーの知られざる一面を見たりすることができて、面白みもあったアルバイトでした。とにかくアルバイトの人数が多く、急かされる場面もありませんでしたし、2日間通して気楽に仕事をすることができたと思います。
私が学生時代に経験した楽なアルバイトランキング
第2位「フライドチキン店のキッチン」(長期バイト)
私が学生時代に経験した楽なアルバイトランキング第2位は、フライドチキン店のキッチンでの長期バイトです。
a1600_000178.jpg
私は某大手フライドチキンチェーン店の厨房で私は仕事をしていました。
そのフライドチキン店でアルバイトをする前は、とあるファストフード店のキッチンで働いていましたがうまく仕事ができず、自身が通用するか心配でした。
しかし、いざ仕事をやってみると仕事自体はほぼ完全なルーチンワークで、一度手順さえ覚えてしまえば簡単にこなすことができました。淡々と仕事をするだけでマネージャーから高く評価されたのも精神的に楽でした。
キッチン内の仕事んは力仕事と洗剤を使った洗い物があるため、誰もができる仕事であるとはいえないかもしれませんが、チキンはまとめて多く作れるので混雑しても品切れにならず計画的に仕事を進めることができました。フライドチキン店でアルバイトとして働いていたのは高校生が多く、仕事に慣れると兄のような存在として慕ってくれた点も精神的に楽でしたね。一日あたりの労働時間は4時間と8時間の2パターンがあり、時給は800円程度あり当時の私としては十分満足いくものでした。
私が学生時代に経験した楽なアルバイトランキング
第1位「郵便局での年賀状の仕分け」(短期バイト)
私が選ぶ、学生時代に経験した楽なアルバイトランキング第1位は「郵便局での年賀状の仕分け」のアルバイトです。
a1380_000343.jpg
毎年、年末年始になると郵便局では大量の年賀状を扱うため、私の地元の郵便局でも年賀状仕分けのアルバイトを募集していました。
アルバイトの期間はクリスマスあたりから正月終わりまで。一日あたりの勤務時間は4時間程度のシフト制で時給は710円でした。
その仕事内容はとても簡単で楽なものでした。箱ごとに地区が区切られたボックスに、ひたすら年賀状を仕分けして入れていくのです。この仕事の良いところは、力仕事がほとんどないことです。しかも、休憩は1時間ごとに10分あるので、体力面もほとんど心配ありませんでした。実際のところ、郵便局に年賀状の仕分けバイトに来ているのは、8割ほどが女子学生で、特に問題なく働いていました。正規の職員もアルバイトも仲が良く、和気あいあいとした雰囲気のなかで仕事ができ精神的にも楽なアルバイトでした。
  (私が学生時代に経験した楽なアルバイトランキング 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク