インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

学習塾での個別指導のアルバイト体験談

大学時代に経験してきたアルバイトのなかで、気楽にできたと思った仕事は、学習塾で個別指導をする塾講師のアルバイトです。
学習塾での個別指導のアルバイト体験談
塾講師といえば、大勢の前で板書をしながら熱血指導をするイメージがあるかもしれません。しかし、個別指導の塾講師はあくまでも個別に指導をするので、家庭教師に限りなく近いスタイルでした。
個別指導を受ける生徒さんは、中間一貫の中高に通っていて学習進度が速い子、部活動で集団授業の時間と合わない子、集団授業についていけない子などさまざまなでした。3人を同時に指導するケースもありましたが、個別指導の塾講師は基本的にはマンツーマンで勉強を教えていました。私が教えていたのは主に中学生でした。
指導をスタートする前は、いろいろ不安に思っていました。というのは、私は人見知りで、中学生とどんな会話をすればいいのだろうか?と不安に思っていたからです。余りに不安で「雑談がはずむ会話テクニック」みたいな本を何冊か読みこんだほどです。
しかし、実際に指導が開始するとそういった不安は解消されていきました。たまたま明るい生徒さんにあたっただけかもしれませんが、向こうから気さくにいろいろ話しかけてきたからです。学習塾で教えるようになってから日が経つにつれて、生徒さんとも仲良くなり、弟や妹に勉強を教えるような感覚になっていました。
勉強のスタイルは、塾から特に細かく指示をされていませんでした。私の場合、学校で習っていない範囲を先取り学習をさせ、定期テストが近づいてきたら、定期テスト対策をするという感じで指導を進めていきました。あと、受験生に関しては、志望校の過去問を解かせてその解説をしたりもしていました。個別指導の場合、生徒さんの弱点を把握しやすいですし、ひとつひとつ理解度を確かめながら教えていけるので、楽だと感じました。
他のアルバイトなら、研修で一からマニュアルを覚えたり、先輩や上司に気を遣い、ときには怒鳴られ叱られる場面もあることでしょう。その点、個別指導の塾講師は、今まで受験勉強を通して身に着けた知識を教えればいいだけですし、真面目に指導していれば誰かに叱られることもありません。また、椅子に座っての仕事なので、体力的にも疲れることもなく楽です。少し慣れればこんなに楽なアルバイトはなかなかないと思います。
学習塾での個別指導のアルバイトは「学生のバイトなら【アルバイトEX】学習塾での個別指導のアルバイト体験談」、「バイトル[大学生]のアルバイト情報を検索学習塾での個別指導のアルバイト体験談」などアルバイト求人サイトや雑誌、塾のホームページなどで見つけることができます。皆さんも気軽に始めてみてはどうでしょうか。
     (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク