定期テスト対策をする家庭教師バイト

私は学生時代に家庭教師のアルバイトをやっていました。家庭教師センターに登録して、以来のあったご家庭に赴いて勉強を教えるというのがその仕事です。私の場合、中学・高校生の英数を中心に教えていました。ごただ、家庭によって、希望する教科や教える内容、教える頻度はさまざまでした。
a0027_001363.jpg
例えば、ある高校生の生徒さんの場合、大学付属の高校に通っていたため、定期テストの点数アップをしてほしいというのが親御さんのご要望でした。
定期テストの点数をしっかり確保すれば、系列大学の希望する学部に推薦されやすいというのです。
大抵のご家庭は「英語と数学を教えてください」「社会と理科を教えてください」みたいに苦手な教科に絞って依頼されることが多かったのですが、その生徒さんの場合、定期テスト全般ということで、全教科を教えていました。時には副教科を教えたこともありました。
具体的には、教科書をベースに、授業で習うより少し早めにひととおりの学習を済ませてしまい、学校の授業についていけることを最重視しました。そして、定期試験が近づいてきたら、出題されそうな部分を徹底的に暗記させるのです。定期テストは出題される範囲があらかじめ決まっていますし、奇問や難問が出題されるようなこともまずないので、教える側としては本当に楽でした。高校卒業から年月が経過し、自身が忘れてあやふやになっている分野でも、少し予習をしたら対応することができましたし。
家庭教師は、塾講師のように立ち仕事でなく、椅子に座ってひとりの生徒を教えればいいという点も、本当に楽でした。教えたことを生徒さんがしっかり学んでくれるのも横で見ていてうれしかったですね。
ちなみに、上記の生徒さんは、無事に系列の大学で志望する学部に推薦されました。本人も親御さんも喜んでおられ、最終日はおいしいものを食べに連れて行ってもらい、高価なプレゼントをいただきました。家庭教師のアルバイトは一定の学力があって子供さん相手に抵抗ない方なら、とても遣り甲斐がある楽なアルバイトだと思います。
(定期テスト対策の家庭教師のアルバイト(楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク