関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

家庭教師のアルバイト体験談

私が今まで一番楽だなあと感じたアルバイトは、家庭教師です。大学生になれば、ある程度の学力があれば誰でもできてしまうアルバイトだと思います。
a0001_013134.jpg
私が家庭教師のアルバイトを始めた理由は、まず、時給がかなり高かったこと。
あとは兄も大学生だったときに家庭教師のアルバイトをしていて、「家庭教師はおいしいバイトだ」と昔からよく聞いていたからです。
私はある家庭教師センターに登録して、センターからの紹介でこのアルバイトをスタートしました。待遇としては、家庭教師の時給は2000円~で、家庭教師の経験を積めば時給は少しずつ上っていくシステムになっていました。
勉強を教える対象となる生徒さんについては高校生、中学生、小学生の中から選ぶことができ、教える教科についても選択することができるようになっていました。ですから、「この教科はちょっと自信ないなあ」「本当に教えれるかなあ」みたいに心配する必要がありませんでした。
もちろん、生徒さんからの要望で、登録している違う科目も少し見て欲しいという場合もありますが、家に帰っていったん調べるために、次回までにやってくるね、という方法も取れたので、答えられず困るという経験はありませんでした。
遅い時間になると自宅まで生徒さんのご両親が車で送り迎えをしてくれたこともありますし、わたしが誕生日のときにはケーキをプレゼントしてくれたり、夕飯をごちそうになったり、「旅行に行ったから」とお菓子をもらったり……といろいろな面で待遇してもらえました。
家庭教師の仕事内容としては、椅子に座って生徒さんに勉強を教えていればいいだけ。私の場合、家庭教師センターに登録していたので、あらかじめ家庭教師センター指定の参考書を生徒さんが購入してくれており、そのテキストに沿って教えていれば良かったので、とても楽でした。



ちなみに、私が受け持っていた生徒さんはそれほど勉強ができない子ばかりでしたので、基本的なことを繰り返し教えていれば良いという感じでした。一週間の勉強のスケジュールを一緒に作ってあげると、律儀に必ずスケジュール通りに勉強してきてくれて、成績も順調にあがっていきました。
成績があがれば、ご両親も喜んでくれ、お正月になると、「家庭教師センターには秘密ですよ」とお年玉までいただいた年もありました。温かい部屋の中で座って生徒が問題を解くのを眺めていたり、おしゃべりをしたり、質問に答えたり・・そんな簡単で楽チンなことをやっているだけなのに、ここまで感謝されるとは、何だか申し訳ない気分にさ
えなったのを思い出します。家庭教師は本当においしいアルバイトだとつくづく思ったものです。
ちなみに私は家庭教師以外には、ドラッグストアやケーキ屋さんでもアルバイトを経験したことがありますが、いずれも立ちっぱなしで忙しい仕事でした。お客さんと金銭的なやり取りをするときはある程度緊張して取り組まなければなりませんし、一生懸命仕事をしているのに、怒鳴られたり理不尽に叱られたりもありました。それに比べ、家庭教師のアルバイトは、慣れ親しんだ生徒さんとゆったりと時間を過ごしながら、勉強を教えるだけで。それでお金をもらえて感謝されるとは、かなり美味しい仕事でした。
結局、私は大学卒業卒業まで家庭教師のアルバイトをしました。その間、いろいろな生徒さんを教えましたが、生徒さんと親御さんと良い関係を築けてしまえば、あとは簡単で気楽にできる最高の仕事だと感じました。
                       (楽な仕事の体験談|20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク