インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

家庭教師の仕事にありつくための3方法

大学生定番の楽なアルバイトのひとつに「家庭教師」があります。私も大学時代大学2~4回生のときにやっていたのですが、とても楽な仕事だと感じました。家庭講師の魅力は「仕事内容が楽」という点と「時給の高さ」という点にあると思います。
家庭教師の仕事にありつくための3方法仕事内容が楽というのは、冷暖房の効いた部屋で椅子に座ってただ勉強を教えれば良いというだけだからです。それなりに勉強をしてきたならば、改めて新し知識を覚える必要もありません。その点、他のバイトなら、研修で知らないことを一から学ばねばなりませんし、仕事の現場では先輩に頭を下げていろいろ教わらねばなりません。家庭教師はそういったことがなく、体力的にも精神的にも楽なのです。
また、家庭教師のアルバイトは時給が高く設定されている点も魅力的です。登録している家庭教師派遣会社や指導内容にもよりますが、概ね、時給1500円以上はあることが多いです。他のアルバイトなら、時給800円~くらいが関の山。指導時間い比してその賃金差は開いていくだけに、家庭教師はとても割が良いアルバイトなのです。
さて、そんなメリットの多い家庭教師バイト。一体。どのようにすればありつくことができるのでしょうか?家庭教師の仕事を見つけるための主に3パターンについて、以下まとめてみました。
家庭教師バイトにありつくための1つめのパターンは、近所で自ら募集をかけることです。私は大学2年生のとき、自分で「家庭教師します」みたいなチラシをつくってポスティングしたこともあります。幸い知り合いを通してひとり見つけることができましたが、勉強を教えて欲しい生徒さんが近所に住んでいるとは限らず効率が良くないと感じました。この手法は、既に実績がある人に限って有効だと思います。
2番目は「家庭教師派遣会社」に登録することです。このパターンが大学生には最も現実的ではないでしょうか。家庭教師派遣会社には有名どころでは家庭講師のト〇イほかいろいろあります。私の登録していた家庭教師派遣会社では、履歴書で1次選考がなされ、二次選考に指導希望科目に関する簡単な採用試験があって無事登録に至りました。登録した翌日に「〇〇駅の近くに紹介したい生徒さんがいるんですが、いかがですか?」みたいに電話がかかってきてその早さに驚かされたものです。家庭教師派遣会社については、「~日本最大級の派遣情報サイト~家庭教師の仕事にありつくための3方法」、「学生のバイトなら【アルバイトEX】家庭教師の仕事にありつくための3方法」、「バイトル[大学生]のアルバイト情報を検索家庭教師の仕事にありつくための3方法」など求人募集サイトで調べればすぐに見つかります。
家庭教師バイトにありつくための3つめのパターンは、大学の掲示板に貼らている求人票から応募することです。各大学の大学生協は意外と知られてはいませんが家庭教師斡旋業務もしているのです。応募したら簡単な面談あるいは書類のやりとりで採否が決まります。指導を希望されているご家庭はもともとその大学に通う生徒を家庭教師として雇いたいと考えて求人をだしているので、すんなりと決まりやすいです。
以上、家庭教師の仕事を見つけるための3つのパターンでした。当初は家庭教師を雇いたい家庭などそんなにあるのかな?と当初は思っていましたが、意外とあるものです。難関校を志望していたり、学校の勉強についていけないなど、いろいろな事情を抱えていて家庭教師を求めているご家庭は結構多いのです。
  (楽な仕事の体験談 30代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク