インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

家庭教師バイトは仕事が楽で高時給!

私は大学生の時にいろいろなアルバイトをやっていました。大学生の場合、大学の講義やサークル活動もありますから、スケジュールを立てやすいアルバイトが働きやすいと思いました。そんな観点で選んだアルバイトのなかで最も楽だと感じたのは、家庭教師のアルバイトです。
家庭教師バイトは仕事が楽で高時給!
家庭教師バイトの仕事内容は、依頼された生徒さん宅に足を運んで勉強を教えるというものです。家庭教師派遣会社に登録すると、指導可能科目や通勤可能範囲など条件に合った生徒さんを紹介してもらえます。私の場合、大学と下宿を通る鉄道沿線に住む小学生と中学生を紹介してもらい教えていました。
家庭教師バイトをしている大学生は私の周囲にもたくさんいました。その理由は、仕事が楽で時給が高いという理由が大きいと思います。家庭教師バイトは家庭教師派遣会社からご家庭を紹介された後は、生徒さん本人と親御さんと相談しながら指導を進めていくことになります。学習塾の塾講師のように教え方に細々決まりがあるわけでもなく、家庭教師が臨機応変に教え方や教える内容を自由に決めることができます。
私の場合、生徒さん本人や親御さんと最初にじっくり話をした上で、定期テストに近い時期は定期テスト対策を、それ以外は、学校でまだ習っていない範囲を先取りして教えていくスタイルにしました。使用テキストは学校の教科書や準拠問題集が中心で、時には志望校の赤本を使っていました。まずは教科書をもとに基礎を教えて例題を解いてもらいながら、段階的に学力を定着させていく。理科や社会、英単語など暗記が中心になる科目や分野は、暗記する課題を宿題として与え、次回にオリジナルの小テストをパソコンでつくってきて解いてもらうことで定着度をはかりました。
家庭教師の時給は指導経験や指導学年によっても違っていますが、私の場合、時給は1500円~2000円ありました。ファーストフード店やコンビニバイトなど他の大学生定番バイトと比較すると2倍ほどの時給ということになります。
なお、家庭教師バイトは週2回みたいな形で、決められた曜日に教えにいえばいいので、大学生にとってスケジュールを組みやすいという利点もありました。私の場合、家庭教師バイトをする日と大学でのサークル活動に没頭する日という風に分けることで、大学生活にもメリハリが生まれていました。
家庭教師バイトは上記のメリットに加え、生徒さんが志望校に合格した時はお金でかえられない感動を得られるというメリットもありました。生徒さんの成長を勉強を教えるということを通してお手伝いしながら、社会人になるための自分磨きもできたのではないかと思います。
  (大学生におススメの楽なアルバイト 30代男性)

スポンサーリンク