インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。ほかいろいろな企業があります。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

家庭教師バイトは時給が高く仕事がラク!

私は大学生の時に いくつかのアルバイトをしていましたけれど、その中で一番楽なバイトだと思ったのは家庭教師のアルバイトでした。
家庭教師バイトは時給が高く仕事がラク!
どうして私が家庭教師のアルバイトを楽なバイトだと思ったかというと、仕事がラクで時給が高いという理由がありました。
私の場合、家庭教師を派遣する会社に登録して生徒さんを紹介してもらっていました。最初は時給1500円からスタートし、卒業論文執筆が忙しくなり辞める間際には時給2000円を超えていました。時給2000円といえば、コンビニやスーパーマーケットでのアルバイトの時給の2倍以上あると思います。大学生の身分で、これだけ高い時給をもらえる仕事といえば、家庭教師か学習塾での集団授業くらいしかないと思います。何ともお得で楽なアルバイトだなと感じたものです。
また、家庭教師バイトはその仕事内容もラクでした。教える生徒さんの性格や向学心にもよるとは思いますが、仕事内容は単に勉強を教えて適当に雑談をするだけというラクなものでした。椅子に座って自分の知っている知識を話したり、質問に答えたりするだけでお金をもらえるとは、精神的にも体力的にも楽なアルバイトだなと感じました。
なお、家庭教師バイトをするにあたり、勉強を教えられるのか?という不安をお持ちの方もおられるかもしれません。勉強を教えると言っても、自分が苦手な科目を教える自信はないという方は多いと思うからです。
ただ、少なくとも家庭教師派遣会社の場合、登録するときに指導可能科目を伝えられたので安心でした。私の場合、私立大学の文系を受験したため、国語、英語、日本史は得意でしたが、理科系の科目は苦手でした。また、地理・政経・世界史も同じく自信がありませんでした。ですから、登録するときに、「国語、英語、日本史のみ指導可能です」と担当者に伝えました。
すると、家庭教師派遣会社の担当者は、私に合った生徒さんを探してくれました。結果的に、英語を重点的に教えて欲しいという中高一貫校に通う生徒さんと、私立大学を目指している生徒さんを紹介してもらうことができました。
もちろん、幅広く教科を教えらるほうが生徒さんを紹介してもらえる確率は高まるでしょうが、指導可能科目が少ないからといって悲観的にならなくてもよいということです。なぜなら、家庭教師に依頼する生徒さんは、まんべんなく教えて欲しいというよりも、苦手科目克服を要望しているケースが多いからです。広く浅く教えられるよりも、飛びぬけて得意な教科があったほうが需要は高いと思います。特に、英語、数学といった入試での配点が高い科目を教えられる人は依頼が入りやすいようです。
なお、家庭教師のアルバイトにありつくためには、家庭教師派遣会社に登録する以外に、大学の厚生課の求人票に応募するという手段もあるみたいです。
  (学生時代の楽なアルバイト体験談 30代男性)

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク