家庭教師バイトは3度おいしい楽なアルバイト

私が今まで経験した仕事のなかで最も楽なアルバイトは、家庭教師のアルバイトです。大学生のときに家庭教師派遣会社から派遣される形で数人の生徒さんを教えていました。
5ac98d1d0af445d1ad89accffc6c73e8_s.jpg
家庭教師は、生徒さん宅で勉強を教えるのが仕事です。家庭教師バイトのことを大学の友達に話すと「家庭教師って気を使って大変そう」としばしば言われたものです。ただ、実際にやってみてとても楽なアルバイトだと感じました。
確かに家庭教師のアルバイトは、ある意味で気を使う仕事であるとはいえると思います。それは、親御さんから生徒さんのの合格請負人として期待されることが多いという理由が挙げられると思います。御家庭は家庭教師派遣会社に高い料金を払って家庭教師を雇っているわけですから、期待度が高くて当然。生徒さん宅では「先生」と呼ばれ、受験を突破した模範的な人間だという風に見られます。ですから、服装ひとつにしても常に気を抜くことができませんし、成果を上げなければいけないというプレッシャーがつきまといます。
そういったプレッシャーは確かにありますが、私は家庭教師のアルバイトは楽な仕事だと感じました。その一番の理由は、椅子に座って勉強を教えればいいという点です。飲食店バイトや警備員バイトほか世間にあるアルバイトの多くは、立ちっぱなしでの作業を余儀なくされます。その点、家庭教師は、椅子に座っての作業なので足腰が疲れることもありません。さらにもともと頭に入っている知識を教えるだけでいいので、新たにマニュアルなど覚える必要もありません。
家庭教師を楽なアルバイトだと感じたもうひとつの理由は、時給が高いという点です。私の場合、最初は時給1500円から始まり、最終的には時給2000円を超えていました。ファーストフード店など他のアルバイトの時給と比較すると2倍以上の時給ということになります。同じ時間働いて2倍以上の金額をもらえるというのは割が良いバイトだなあとその都度思ったものです。
あと、生徒さんの成績が上がり、志望校に合格した時は、自分のことのように嬉しかったことを覚えています。生徒さんの成長を見ながら、受験という人生の分岐点のお手伝いをさせていただける。なんて素晴らしいアルバイトなんだと感じました。
仕事が楽で高時給。さらにやりがいもある。以上のように、私にとって家庭教師は三度おいしい楽なアルバイトでした。
  (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク