工場バイトは体を動かすのが得意な人に最適

私は短期バイトを中心にいろんなアルバイトをやってきました。その中で楽なアルバイトだと思ったのは
工場・倉庫系のアルバイトです。なぜなら、体を動かすことさえしておけば、頭を使う場面はほとんどないからです。
57049f9c3a47f08964e4feec879cee9b_s.jpg
例えば、荷物をする仕分けをする倉庫でアルバイトをしていたときは、「投入」といってレーンにひたすら荷物を乗せていくという作業をしていました。社員さんがフォークリフトで運んできた荷物を、一定の間隔(30センチ程度)をおいてレーンに乗せていくというものです。
酒が入った瓶や業務用ジュースなど、中には割と重たい荷物もありました。ただ、私の場合、割と体力に自信がありましたし、筋トレを趣味としているため、逆にありがたいと思っていました。また、現場で仲良かった人は、ダイエットを兼ねてバイトをしていて、かなり痩せたと喜んでいました。それだけ汗をかくので毎日やってればそりゃ痩せるだろという感じです。
といっても、延々と作業をしていると疲れもでてきます。そんなときは、結構レーンが停まっていて助かりました。その原因は荷物が途中で詰まったり、仕分け作業が間に合っていないなどなのですが、一度ストップすると30分くらい動かないことも。そんな時間はただただ暇になっていました。
そんな時間は人によってはボーっと過ごしたり、あるいは周囲のスタッフとだべったりして暇つぶしをしていたものです。
ただ、工場・倉庫系のアルバイトは好みが分かれると思います。現場によって体力を要するところもありますし。どんな荷物を扱うかによって「楽な仕事」にあるか「キツイ仕事」になるか大きく分かれる傾向も。キツイ仕事にあたってしまった場合、体力的にきついは怒鳴られるはで最悪の1日となることもあります。
なお、工場・倉庫系のアルバイトにはヤンチャ系の人も割といます。もちろん現場によりけりですが。そういったノリが苦手な人は少々抵抗を感じるかもしれません。私の場合、もともとヤンチャだったこともあり、逆にそういったノリの人々と接するのは逆に楽しいと感じていました。実際のところ、口は悪くても優しい人も多かったりしますし。
いずれにしても、現場責任者の指示にしたがって単純な動作を繰り返すだけなので、頭を使うのが苦手な人にはやりやすい楽な仕事なのではないかと思います。
   (楽なアルバイト体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク