市民プールの監視員バイトはラクだった

私は大学生の時、夏休み期間を利用してプールの監視員のアルバイトをやったことがあります。私がアルバイトをしていたのは市営のスポーツセンター内にあるプールでした。
4dd5e7753904a07a36cc6df943f6f947_s.jpg
もともと私は運動が好きで、何かスポーツにに関わるアルバイトをできればいいなという風に思っていました。そんなとき、部活動の先輩から教えられたのがこのプール監視員のアルバイトでした。といっても、プールで溺れている人などを助ける仕事と聞いて、大変でかなりハードな仕事では・・?という風に勝手にイメージしていました。
しかし蓋を開けてみると、想像をはるかに超えて楽なアルバイトであるということが分かりました。プールにはちょっと高い地点に、監視用の椅子が設けられているのですが、そこに座ってプールを眺めているだけの仕事でした。
プール監視員の仕事は、大まかにいえば、来場者の安全を守るというものです。例えばプールで溺れている人がいないか、プールサイド走ってる人がいないか、飛び込み行為をしている人がいないかなどを監視。もし何か発見したら、注意をしたりときには救助にあたったりするわけです。
いざというときのために、事前には2週間ほどの研修があって救命方法などをひととおり学びました。しかし、いざ現場はどうかというと、不測の事態が起きるということはほとんどありませんでした。市営のプールということもあってか、どちらかというとマナーの良い年配の方が多く、注意する場面すらなかなか訪れませんでした。
ですから、とにかくやることがなく暇な時間が延々と過ぎていったのでした。ただ椅子に座って来場者がプールで泳ぐの見ているだけ・・。こんなに暇なのが仕事でいいのか?と思ったほどです。
しかも このプール監視員のアルバイトは、監視員の体調にも十分すぎるほど配慮がなされていれ、1時間ごとに休憩時間が設けられていました。はっきり言って、勤務時間も休憩しているようなものなので、仕事と休憩の見境もなんだかわからなくなってしまいました。
あと、プール監視員のアルバイトでほんと楽なアルバイトだなあと思ったのは、降雨などによってプールが開かない日も、「念のため待機」ということで出勤していたこと。もし勤務時間中に天気が良くなり水温が基準値を超えたらプールを開くかもしれないということで。
待機時間は何をしているかというと、休憩室でお菓子をつまみながらただ待っているだけです。人によってはおしゃべりをしていたり、ゲームをしていたり、学校の宿題をしていたりしました。
結局朝から夕方まで雨が止まなかった日は 休憩室で好き勝手過ごして終わりみたいな感じになりました。それでもきっちりと日給が発生していたので、こんなのでお金をもらっていいのだろうか?とその時ばかりは申し訳なく思ったものです。
以上のように、市民プールでのプール監視員のアルバイトはとても楽な仕事でした。ある程度水泳が得意でのんびりまったりしたバイトをしたい人にはぜひおすすめです。
 
   (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク