平日のカラオケ店でのアルバイトはラク

私は以前、カラオケ店でアルバイトをしていたことがありますが、これこそ楽なアルバイトだなと思いました。
カラオケ店でのアルバイトは忙しいアルバイトだというイメージを持たれがちです。確かに金曜の夜など週末は忙しいのですが、平日はとても暇なことが多いのです。カラオケ店でのアルバイトの仕事内容は、お客さんを部屋まで案内すること、ドリンク・フード提供すること、お客さんが帰られた後にブースを掃除することくらいのものです。
私は平日を中心にシフトに入っていましたが、特に平日の昼間はラクでした。というのは、お客さんの数が少ない上にドリンクのオーダーが少なかったからです。昼間は長時間入られるお客さんが圧倒的に多くドリンクは1オーダーではなくセルフのドリンクバーにされる方が多いのです。ですから、お客さんをお部屋に案内すれば仕事は終わり。あとは5,6時間はすることがなくボーっと過ごすことが多かったです。
また、金曜日以外の平日は夜についてもお客さんの数は少なかったです。夜はアルコールを頼まれる方もいるものの、平日の場合、基本的に生ビールしか出ませんでした。生ビールはサーバーから注ぐだけなので、ソフトドリンクと作り方は同じでラクでした。歌われる時間も1,2時間程度の方が多く、オーダーが一度にたくさん入ることはほとんどありませんでした。そんな場合、片付けも早く終わってしまうのでやはり暇な時間が発生していました。
私はカラオケ店でアルバイトをする前は、居酒屋でアルバイトをしていたのですが、カラオケ店でのバイトが断然仕事がラクだと感じました。やる仕事量が断然違っていたからです。
居酒屋とカラオケ店での共通点として、酔っぱらいの相手をするのが正直面倒だと感じたことはあります。ただ、基本的に平日のカラオケ店では酔っぱらいの人が少なく延長される方もほとんどいないため時間通りに片付けが出来ていました。
一方、金曜の夜などは学生さんやサラリーマン・OLの方々がたくさん来店し、忙しくなっていました。裏返して言うならば、正直なところ平日しかシフトに入らないのであればカラオケ店バイトは時給もいいですし、かなり楽に稼げる仕事だと言えると思います。
平日の昼間は基本的におじいちゃん、おばあちゃん、学生さんしか来ません。オーダーもあまり入りませんので、本当に仕事が楽でした。私はアルバイト先のカラオケ店ではすべての時間帯でシフトに入ったことがありますが、平日の昼間はダントツで楽でした。お客さんも少なく、さらにオーダーも殆どは入らないからです。そういったことを考えた時、週末の時給と同じなのは、平日しか出ない人はズルいと思うレベルで楽な仕事でした。
接客業ということもあり、たまにクレームを受けることもありました。ただ、クレームに関しては基本的にアルバイトスタッフが対応することはありません。カラオケ店で受けるクレームは、理不尽なことや意味がわからない内容が多いので、とりあえず謝罪すればすむ場合も多いです。
以上のように、接客業は大変な仕事だと思うことも多いですが、場所や時間帯を選べば、カラオケ店でのアルバイトはかなり効率よく稼げる仕事だと思います。
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】
あと、カラオケ店でのアルバイトの場合、店舗によっては従業員割引でカラオケを利用することも出来ます。私もそのひとりなのですが、カラオケが好きな人にはぴったりの仕事だと思います。ただ、気を付けるべきなのは従業員の質です。私のアルバイト先のカラオケ店では、働いている人のなかにお局様タイプの人がいて人間関係で少々苦労しました。ですので、まずはお客さんとして店舗を利用してみて、その辺を見極めてしまうことと、できれば話が合いやすい同年代のスタッフがいる店舗を選んでしまえば楽に稼げる仕事だと思います。
  (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク