店長や従業員の人柄が良かったピザ屋バイト

私は学生時代、ピザ屋でアルバイトをしていました。そのアルバイトがとても楽なアルバイトだと感じました。アルバイトをスタートするにあたり、まず仕事を教えてもらうところから始まったのですが、書類やマニュアルなどは一切ありませんでした。口で教えるよりも見よう見まねで仕事を覚えればいいという感じだったのです。
35ce0cedf846f526268298bed40759bb_s.jpg
実際にピザ屋でのアルバイトをやってみて思ったのは、確かにメニューほか覚えることはたくさんありました。ただ、仕事をひととおり覚えてしまうと、同じことの繰り返しなので、仕事がどんどんラクになっていきました。なお、ピザ屋の店長は、穏やかで人情の厚い人でした。今から考えると、ピザ屋でのアルバイトを「楽なアルバイト」だと感じたのはそれがとても大きかったと思います。
確かに土日やお盆、クリスマスなどはそのピザ屋はとても忙しかったです。ただ、店長はじめスタッフの人柄が良くピリピリする雰囲気は皆無でした。忙しいものの、とても楽しいムードで仕事をすることができていたように感じます。
もちろん仕事はきっちりとやるわけですが、仕事場はまるで学生の文化祭のような自由な雰囲気。例えば、ピザの注文がない平日などはみんなで携帯ゲームをやったり、雑談したりと、バイトというよりは遊びに行っているという感覚でやっていました。
なお、ごく稀にですが、クレームが入ることもありました。そんなとき、いつも店長や時間帯責任者の方が前に出てくださって謝って下さいました。学生バイトに全ての責任を押し付けるということは全くありませんでした。そんなことからも、仕事場の中に信頼関係が生まれていたように思います。
とにかく皆仲が良かったです。バイトがない日も、店長やバイトの人とよく食事に行っていましたし、高校卒業を機にバイトをやめた時は送別会を開いてくださいました。特に店長にはお世話になりました。学生バイトが仕事でミスをしても「次から気を付けような」と言うだけで笑って許してくれる店長でした。私自身、アルバイトをやっていた期間中、店長から怒られたという経験は1度もありませんでした。
ちなみに私は現在、学生生活を終えて現在はサラリーマンをやっていますが、土日にそのピザ店が忙しいときはヘルプで入ったりしています。休日をのんびり過ごしたいという気持ちももちろんあるわけですが、お世話になった店長のために、こちらからヘルプに行かせていただこうという気持ちになるのです。
以上のように、ピザ屋でのアルバイトは私にとってとても楽なアルバイトでした。その仕事内容もそうなのですが、店長はじめ従業員の人柄が良かったというのが大きかったと思います。そして確実に成長できたと思います。
もし職場にキツい人ばかりでピリピリした雰囲気だと、ミスを恐れたり怒られてストレスが溜まってしまうことでしょう。そういった職場環境で成長できる人もなかにはいるとは思いますが、少なくとも私の場合、そうではありません。
日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

~日本最大級の派遣情報サイト~
店長はじめ、人柄の良い人々に囲まれ、「この人のためにがんばろう」という気持ちが湧いてきて、仕事をがんばることができたように思います。とりわけ、ピザを作るのは連係プレーが重要です。一人ですべての工程をこなすわけではなく、役割分担をして一枚のピザが完成するのです。そんなことを考えた時も、職場における明るい雰囲気は重要だと思いました。私の場合、明るいアルバイト先に恵まれたので、結果的に人間関係におけるストレスは全くなく、のびのび仕事をできたと感じています。
 
   (学生時代の楽なアルバイト体験談 10代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク