関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

座ってできる超楽な交通量調査バイト

私が 今まで経験してきたアルバイトの中で 一番楽だと思ったのは交通量調査のアルバイトです。交通量調査とは指定された道路にどれぐらいの車が通るかということを調べることによって、その道路状況を把握するというものです。その結果を踏まえて 自治体や道路会社などは道路工事の今後の方針を立てるのだそうです。
私は 交通量調査のアルバイトを求人情報サイトで見つけてはしばしば応募していました。とても人気のアルバイトで、求人情報を見つけてすぐ電話をしたとしても 、なかなか電話がつながらず定員が埋まっているということもしばしばありました。なぜ交通量調査バイトがそこまで人気があるかと言うと、仕事内容が簡単で人間関係が楽だからだと思います。
その仕事内容は、何と車の数を数えて記録するだけなんです。はっきり言って小学生どころか幼稚園児にでもできると言っても過言ではないほど簡単な作業内容なのです。交通量調査の現場は、国道や県道の交差点であることが多いです。
各交通量調査員は指定された歩道の端っこに椅子を置いて、ひたすら道路を通過していく車の数を数えるのです。そして1時間に1度、記録用紙にその台数を転記していきます。なお、車には乗用車、トラック、バスなど色々な車両がありますが、それらは専用のカウンターで分類しながら数えていきます。カチカチとカウンターのボタンを押すと数字が増えていくタイプのアナログ式カウンターなので、未経験者でもすぐにその使い方を把握できると思います。
交通量調査のアルバイトははとにかく作業内容が簡単で楽な仕事です。ただ、あまりにも変化の乏しい単調なアルバイトだけに、暇な時間が多く、それがかえって 辛いと思ったこともあります。特に昼過ぎになると車の台数も少なくなり、暇で暇で仕方なく・・。自ずと睡魔が襲ってきて瞼が閉じないように耐えるのはある意味試練と言えるかもしれません。まあ、何とも贅沢な悩みにほかありませんが(笑)
交通量調査バイトが人気バイトである理由の2点目として「人間関係が楽」だという点も見逃せません。交通量調査バイトでは、数十人単位で採用されることが多いですが、各スポットでは一人で作業をするため、誰かとコミュニケーションをとる場面がほとんどないのです。コミュニケーションをとる場面といえば、休憩する時に交代の調査員と少し話をする程度。ですから、人見知りの人や人付き合いが苦手な人でも全く問題なくできてしまうアルバイトだと思います。
交通量調査のアルバイトは、12時間調査または24時間調査ということが多いです。それぞれ 実働時間はその3分の2程で、残りの時間は休憩時間となります。2時間調査したら1時間休憩となるので、まあ何とものんびりしたアルバイトです。日給は調査ポイントの遠さなどにもよりますが、12時間調査の場合、8000円~1万2000円ほど。24時間調査の場合、その約2倍の日給になります。拘束時間こそ長いですけれど、単に車の数を数えてるだけでそこまでの日給を得られるのは、とても割が良いとしか言いようがありません。
交通量調査のアルバイトをしている人々は、その多くが男性です。理由は、日焼けをまぬがれない点と、雨風をしのぐ屋根がない場所での仕事となるからだと思います。殊に真冬や真夏は厳しい自然環境に苛まれる過酷なアルバイトになるケースもあったりします。年齢層は大学生から60代ぐらいまでと、非常に幅広いです。
交通量調査のアルバイトは単発バイトとして求人雑誌や求人情報サイトでたまに募集がなされています。すぐに定員が埋まってしまうことが多いので、求人を見つけ次第できるだけ早く応募するのが仕事にありつけるコツだと思います。なお 一度しっかりと調査をしたら、2回目以降は調査会社から直接仕事の情報がメールまたは電話でくるケースもあります。そういった場合、事前説明会は参加免除されますし、仕事にありつける確率はぐんと高くなります。
私が交通量調査バイトを頻繁にしていたのは 大学生の頃でした。サークル活動やコンパなどで金欠になった時、交通量調査バイトで一気に金欠状態を解消できたので、とても重宝するアルバイトでした。とにかく仕事が楽な座ってできるアルバイトですので、初心者の方も未経験者の方も安心して取り組んでみられてはと思います。
   (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク