関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク

心理学実験バイトは楽なアルバイトでした

大学生だった時に、私は短期バイトを中心にいろいろなアルバイトしてきました。その中で「これは楽なバイトだな!」と思ったのは、心理学実験のアルバイトです。
d079500ae71f011c6896f35ed5047c5c_s.jpg
心理学実験とは、大学の研究室や関連する研究機関などが実施している実験のこと。心理学はたくさんのサンプルを集めて仮説を論証する学問なので、そのサンプルとなる心理学実験バイトを時々募集しているのです。
私は通っていた大学で、大学の求人掲示板に時々貼り出されていた心理学実験の求人票を見てはその都度、応募していました。心理学実験は、基本的に毎回、実験内容が違っています。ある時の心理学実験では、ロボットと会話をしてその感想を述べるというものでした。
ロボットといういわば無機質な機械と会話をするわけですが、口調が方言だったり親しみを込めた話し振りだったら親しみを感じるもの。会話をした後、どのように感じたかその感想を思った通りにアンケートで回答していくというのが、心理学実験バイトの役割でした。 そこでは特別な知識や技術など全く不要。むしろ何も知らない方が良いサンプルとなります。実験を担当する研究者が言う通りに行動をし質問に回答するというだけなのです。
その日の心理学実験は2時間の拘束時間が予定されていたのですが、実験がスムーズに進行し1時間半ほどで終わってしまいました。アルバイト料となる謝礼金は3000円と予定していた金額をいただきました。心理学実験バイトの場合、時給制ではなく日給制であることが多いため、予定よりも早く実験が終わっても同じ日給をもらうことができるわけです。とてもお得で楽なアルバイトだと感じましたね。
心理学実験はたくさんのサンプルを集めてその統計を取り、研究に役立てるのだそうです。ときにはその実験が社会に便利なものをもたらす可能性も。そのサンプルの一つとなることは、僅かながら社会の役に立てたという気分にもなれました。
心理学実験のアルバイトは、大学の求人掲示板にて募集されていることが多いですが、人材派遣会社が募集しているケースもあると聞いたこともあります。時々しか募集されていないレアなアルバイトですが、単に実験に協力するだけでお金にもなるお得感がある楽なアルバイトだと思います。
    (楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク