心理学実験バイトをラクで割りが良い

世間にはいろいろなアルバイトが存在します。中にはキツくてしんどいアルバイトもありますが、一方で、「こんなのでお金をもらっていいの?」と思うほど楽なアルバイトもあります。私が経験した楽なアルバイトのなかで一番だと思ったのは、心理学実験のアルバイトです。
IMG_4091.JPG
心理学実験のアルバイトは研究機関や大学などで、心理学研究のデータをとるためのサンプルとして協力をするというものです。ある日の心理学実験は、レコーダーから流れるさまざまな音を聴いて、「聞き取りやすいかそうでないか」を答えるというものでした。難しいことは一切なく、ぼーっと音を聴いて、シャーペンで丸をつけるという簡単な作業でした。
流れてくる音は違っていますが、作業自体は同じことの繰り返しで、1時間半ほどで終わりました。あとは領収書に名前や住所を記入後捺印をして、日当の3000円が入った封筒をいただきました。単純作業を延々と続けるので、単調な作業が苦手な人には退屈でかえって苦痛かもしれません。ただ、少なくとも私にとっては最高に楽なアルバイトでした。
なぜなら冷暖房が効いた快適な室内で、椅子に座ってただ丸をつけるだけという簡単な作業をするだけだからです。知識も技能も必要ありませんし、他のアルバイトのように上司や先輩に気を使う必要もありません。注意することといえば、居眠りをしないことくらいのものです。正直なところ私は、途中、かなり眠たくなってしまいまぶたを閉じないように支えているのが少々辛かったです。こんなに楽なアルバイトはないなと思いました。
心理学実験バイトは、いろいろな案件があります。ロボットと会話をする実験、映像を観て判断する実験、指の感覚に関する実験、臭覚に関する実験などなど。求人は大学の求人票や、派遣会社が請け負って人材を募集したりしています。私の場合、どちらからも応募したことがあるのですが、どの実験も簡単で割りの良い案件ばかりでした。拘束時間も、予定されている時間より早く終わっていました。
心理学実験バイトはラクで割りが良いということもあって、募集が始まったら早い段階で定員が埋まってしまうことが多いです。ですから、やってみたい人は、案件を見つけたら早めに応募するのがよいでしょう。
    (学生時代の楽なアルバイトの体験談 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク