給料は我慢料と称されることもあります。キツイ仕事に耐えて苦労してこそお金をもらえるものだという考え方です。しかし、現実社会においては、暇でラクなのに日給が高いアルバイトもあったりするものです。 スポンサーリンク

ラクにお金を稼ごうと思えば、割の良い楽なアルバイトを探すのが良いということになります。その際、実際の体験談があればという思いから当サイトを立ち上げました。
SNSフォローボタン

フォローする

思い返すと楽だった仕事3選

今回紹介するのは、色々な仕事を経験してきた中で、思い返すと楽だったなと思える仕事ランキングベスト3です。(あくまでの私個人の感想です。)
私が選ぶ、思い返すと楽だった仕事ランキング 
第3位 「データ入力」(派遣、在宅)

私が選ぶ、思い返すと楽だった仕事ランキング第3位は「データ入力」の仕事です。
a0008_001867.jpg
これは、私があまりコミュニケーションをとりたくないなと思っていた時期にたまたま出会った仕事です。
データ入力の仕事の主な業務は、資料を基にパソコンにデータを入力していくというものです。
データは数字が中心で時々文字もありました。パソコンを使った完全な単純作業です。データ入力の仕事は、単調な作業の繰り返しが苦手な人には向かないと思いますが、私は黙々とひとりでする仕事が好きだったので居心地良かったです。頑張れば頑張った分だけ作業が進むというのも、コツコツ型の自分の性格にあっていました。また、何より、ひとりで作業をすることができるので、精神的に楽でしたね。
ただ、仕事が単純で楽な分、給料は安めでした。今から思えばもったいない話ですが、当時の私はそれを理由に、データ入力の仕事を辞めてしまいました。仕事自体は満足いくものだっただけにもう少し長くやっていればなと後悔することがあります。

私が選ぶ思い返すと楽だった仕事ランキング

第2位 「ダイニンバーでのホールスタッフ及びカウンター」(アルバイト)
私が選ぶ、思い返すと楽だった仕事ランキング第2位は「ダイニングバーでのホールスタッフ兼カウンター」の仕事です。
a1380_001048.jpg
私はお酒を飲むことが好きなので、あまり勤務条件など考えず軽い気持ちで求人に応募しました。
ダイニングバーでの仕事は、最初こそ覚えることが結構あり、軽い気持ちで働き始めたことを後悔したものです。
実際のところ、仕事の段取り、料理の種類、お酒の種類など覚えることは本当に沢山ありました。ただ、その大変さは最初だけでした。仕事がとても楽になりましたし、お酒の作り方を覚えていくうちに、お酒の魅力に気づかされてのめり込んでしまいました。
ある程度お酒が作れるようになってからは、接客も学ばせていただきました。私の働いていたダイニングバーではマニュアルが整備されていなかったので、先輩スタッフの仕事を見よう見まねで覚えました。お客様を接客しているうちに、人と接することに慣れ、どんどん仕事をすることが楽しくなっていきました。月に何度かはイベントが開催され、皆で盛り上がったり、従業員だけの飲み会などもあり本当に楽しいアルバイトでした。
全てが全て良いことで終わる仕事ではありませんが、接客や人と接する事が大好きな人、お酒が好きな人にはお勧めの仕事です。

私が選ぶ、思い返すと楽だった仕事ランキング

第1位 「コンビニエンスストア」(アルバイト)
私が選ぶ、思い返すと楽だった仕事の第1位は、コンビニエンスストアでのアルバイトです。
a0002_001257.jpg
仕事をしている時は忙しいなと思うことも確かにありましたが、後から思い返してみると本当に楽な仕事だったなと思います。
コンビニエンスストアでの主な仕事は、レジ打ちをしたり、商品を棚に出したり並べたり、賞味期限のチェックや店内の掃除をしたりといったものでした。
どの業務についても、丁寧なマニュアルがあり、分からないことがあってもその通りにすれば十分でしたしそれぞれは簡単な作業ばかりでした。
私がコンビニエンスストアで働いていた時感じたことは、仕事が楽な割りにはお給料が高いなと思ったこと。職場の人達もみんな優しかったです。
逆に、辛かった事を思い出すほうが難しいと思えてしまうくらいです。強いていうなら、台風の日に出勤した事くらいでしょうか。ただ、その日は、お店にお客さんはほとんど来ず、永遠と店内の掃除をしていたので、全体としては楽でした。
コンビニエンスストアの仕事は慣れてしまえば楽勝の仕事です。学生たちもたくさんやっているアルバイトですし、楽な仕事を探してる方にはお勧めの仕事だと言えると思います。
(私が選ぶ思い返すと楽だった仕事ランキングベスト3 20代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
就職・転職活動、アルバイト探しといった「仕事選び」をきっかけに私たちの人生は大きく展開していきます

インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。転職エージェントの大手としては、DODAエージェントサービスなどはテレビCMでもお馴染みだけにご存知の方も多いのではないでしょうか。その他、JACリクルートメントなど英語を使った職業(外資系企業など)への転職に強い転職エージェントもシェアを拡大してきています。アルバイト求人媒体としてはバイトルは大学生を中心に根強い人気があります。まずは自分のスタイルに合った求人媒体を見つけるというのが、より良い仕事探しの第一歩だと言えそうです。 スポンサーリンク
関連コンテンツ
関連コンテンツ&スポンサーリンク
スポンサーリンク