意外と楽なアルバイトランキングベスト5

c96bb373837fc8901533925df0ffd344_s.jpg
世間にはいろいろなアルバイトが存在します。中には、楽なアルバイトに違いないと思って応募したら、きついアルバイトであることもあります。
一方で、大変そうと思っていたら、意外とラクだったというケースも存在します。
今回は、高校・大学・フリーター時代と色々なアルバイトを経験してきた私が、今までやったアルバイトのなかで、「意外と楽だったアルバイト」を、ランキングして5つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク



やってみたら意外と楽なアルバイトランキング 
第5位「レンタルビデオショップ」
TSUTAYAやゲオといったレンタルビデオショップは、膨大な数のCDやDVDを扱っています。
ですから、一見すると仕事が複雑で大変そうに思えます。しかし、実際に某レンタルビデオショップでアルバイトをしてみたところ、意外と楽なアルバイトということが分かりました。
というのは、扱っている商品の種類・点数は多くても、レンタル料金は新作、準新作、旧作ごとに数パターンに決まっているからです。
ですから、アルバイトスタッフはラベルを見てCDやDVDの枚数を数え、レジで打ち込むだけ。直ぐに慣れてしまいました。
あとは返却されてきたCDやDVDは中身を確認して元の場所に戻す作業もするのですが、コーナーは全て決まっており、こちらも意外と楽な作業でした。
やってみたら意外と楽なアルバイトランキング 
第4位「宅配ピザ店」
宅配ピザ店のアルバイトは、店でピザをつくり、バイクで依頼主の家にピザを届ける作業を行います。
私のアルバイト先の宅配ピザ店の場合、応募時にあらかじめ、それら2つの職種から遣りたい仕事を選ぶことができました。
私は店内スタッフを選びました。宅配も楽だそうですが、店内スタッフも楽でした。
というのは、宅配ピザ店は、一般的な飲食店と違って、店内にお客さんがいないから。お客さんの顔色などをうかがうこともなく、テキパキ気楽に仕事をすることができたと思います。
少し余裕があるときは、アルバイトスタッフ同士でおしゃべりをしながら楽しく仕事をしていましたね。
しかも、私のバイト先の宅配ピザ店のアルバイトスタッフは、ほとんどが大学生ばかり。
文化祭気分でみんなで出店をワイワイやっているみたいな楽しい雰囲気でした。まかないはもちろんピザです。いろんな具材を乗せたオリジナルなピザを作ってみんなで美味しく食べていたのは良い思い出です。
スポンサーリンク



やってみたら意外と楽なアルバイトランキング 
第3位「渋滞長調査」
交通量調査は「楽なアルバイト」として広く知られていますが、意外と経験した人が少ないのが渋滞長調査バイトです。
渋滞長調査は、調査会社が交通量調査と同時に人材募集していることがほとんどです。ただ、交通量調査よりもやりたい人が少ないというのが現状です。
というのは、交通量調査は車の数をカウントするだけの作業であるのに対し、渋滞長調査は作業がやや複雑だからです。
信号が変わる時刻、交差点を特定の車が通過する時刻を記録せねばなりませんし、赤信号の後ろに連なる車の列の長さ(滞留長)、青信号で交差点を通過できなかった車と交差点の距離(渋滞長)も調べなければなりません。
一見すると、難しそうで敬遠されがちなのは分かりますが、実際にやってみたところ、意外と楽なアルバイトでした。
なんせ同じ作業の繰り返しですし、1時間も経たないうちに慣れてしまいます。しかも、渋滞長調査の場合、10分に一度調べればいいので、渋滞があまりない道路の場合、ほとんどが暇な時間になりました。
やってみたら意外と楽なアルバイトランキング 
第2位「試験監督」
試験監督のアルバイトに応募するまでは、本当に自分で勤まるか不安でした。というのは、試験監督バイトに応募したとき、私は大学3年生で、受験勉強から年月が経過していたからです。
もし生徒さんから難しい質問をされたらどうしよう・・・と不安になっていたものです。ですから、アルバイトの日程が近づいてきたとき、高校時代の教科書をとりだして軽く読んだりして対策を立てました。
ところが、実際に試験監督のアルバイトをやってみたところ、学力など全く不要の、意外と楽なアルバイトだと分かりました。
試験監督のアルバイトスタッフがやる仕事は、問題用紙・解答用紙を配布、回収するのと、試験時間中に見回りをするくらいのものだったのです。
試験時間は一教科90分ほどあったのですが、その殆どの時間は暇で何もやることがありませんでした。正に拍子抜けの楽なバイトとはこのことです。
やってみたら意外と楽なアルバイトランキング 
第1位「漫画喫茶(ネットカフェ)」
マンガ喫茶(ネットカフェ)は、漫画がたくさん置いてあり、パソコンを操作できて、ドリンク飲み放題の空間。さらに有料で食事も注文できます。
そんな多彩なサービスを提供している場だけに、マンガ喫茶(ネットカフェ)はさぞかし覚えることがたくさんある忙しいバイトなのではないかと当初は想像していました。
しかし、マンガ喫茶(ネットカフェ)でのアルバイトがいざスタートしてみると、意外にも楽なアルバイトだと分かりました。
というのは、マンガ喫茶(ネットカフェ)の場合、サービスの種類こそ多けれど、その多くはセルフサービスだからです。
アルバイトスタッフがやることといえば、受付、掃除、簡単な調理と持ち運び程度のものでした。それを数人のスタッフで協力してやるだけに、ひとりあたりの仕事量はとても少ないものでした。
また、お客さんの多くは常連さんで、改めてサービス内容や料金体系を説明する必要もありません。受付も最小限の会話で済ませることができていました。大体こんな感じです。
スタッフ「いらっしゃいませ」
お客さん「6時間パックオープン席で」
スタッフ「いつもありがとうございます。では32番の席をお取りしました。ごゆっくりどうぞ」
受付も1分もかからずに終わってしまいますし、お客さんが帰られる際の精算は伝票をもとにレジで自動計算。
こちらも1分もかかることはありませんでした。ですからマンガ喫茶(ネットカフェ)のアルバイトスタッフたちは、交代で休憩をとりながら、漫画をひたすら読んでいました。
仕事に慣れてしまうと、仕事の効率も上がることから、更に暇な時間が増えていきます。そんなときはもちろんマンガ読書です。
そうなると、アルバイトをしに来ているんだかマンガを読みに来ているんだか分からなくなったほどです。
以上、やってみたら意外と楽なアルバイトランキングベスト5でした。
今になって振り返ってみると、「意外と楽なアルバイト」は、その仕事内容だけでなく、人間関係も楽だったケースが多かったです。
暇な時間がたくさん発生するくらい時間に余裕があるからか、職場の雰囲気はピリピリしておらずリラックスできたように思います。
ただ、あまり長年、楽なアルバイトを経験すると、身に着くスキルや人生経験が少なくなるというデメリットはあろうと思います。
 (意外と楽なアルバイトランキング 30代男性)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ

関連コンテンツ&スポンサーリンク



スポンサーリンク