インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

意外と楽な仕事だった民宿リゾートバイト

今までやったリゾートアルバイト(リゾバ)の中で「意外と楽だったなあ」と思うのは民宿でのアルバイトです。私がリゾートアルバイトをしたその民宿は、個人経営の小規模な宿で、海がすぐ目の前に広がるところに立っていました。
意外と楽な仕事だった民宿リゾートバイト
民宿での仕事は、食事の配膳、掃除、受付、布団の上げ下げ、ゴミ出しなど多岐にわたります。いろいろやることはありますが、女将さんがその都度「では次、これやって」と指示してくれていたので安心でした。例えば、食事に関する業務の場合、漬物を小皿に並べるなどの料理補助から、食堂に料理をセッティングする配膳、食べ終わった食器の片付けなどをやってました。それらを見よう見まねでやるだけでした。
リゾートバイト情報★掲載数No.1【リゾバ.com】意外と楽な仕事だった民宿リゾートバイト
民宿の仕事は、最初こそいろいろ業務があって大変だなと感じました。ただ、お客さんの顔ぶれこそ変われど、基本的に同じことの繰り返しなので日を追うごとに仕事が楽になっていきました。
忙しいときは確かに忙しいのですが、時間帯は決まっていて、それ以外は暇で自由に過ごせる時間も結構ありました。例えば、昼間は暇そのものでした。お客さんが朝10時にチェックアウトしてシーツなどをまとめれば、次はお客さんらがチェックインする15時くらいまではほとんどやることがないのです。
その間、交代で昼寝をしたり、海に遊びに行ったりと自由に過ごしていましたね。また、夜は夜で、お客さんが食事を済ませて各部屋に戻って行ったら、暇になっていました。朝の食事の人数をチェックしたら1日の仕事は終わりです。
意外と楽な仕事だった民宿リゾートバイト
一日の仕事が終われば、各部屋でゆったりしてもいいですし、お客さんが少なければ温泉に入りにいってOkでした。
部屋は従業員部屋が民宿内に設けられていて、無料で寝泊まりすることができました。あと、飲食業なだけに美味しい食事(まかない)も毎日楽しみでしたね。
伊勢海老、アワビ、鯛ほか普段食べれないような刺身を味わうことができたのは貴重な体験でした。リゾートバイトはお金も貯まりますし、旅行気分を味わいながら友達もできていろいろ楽しい面もあります。
人、土地、新しい自分への出会いにワクワク♪【リゾバ.com】意外と楽な仕事だった民宿リゾートバイト
注意点としては、ゴールデンウイークやお盆休みはじめ繁忙期は、リゾートバイトの募集は多くなりますがあまりお勧めできません。というのは、忙しすぎて仕事ばかりになるからです。
私はゴールデンウイークにもリゾートバイトをしたことがあるのですが、お客さんの数がものすごくて、一日中走り回りっぱなしでした。せっかく観光地にやってきても、ずっと仕事に追われていては、楽しむ余裕が全くありませんでした。ですから、あまり有名でない観光地で、お客さんの少ない閑散期の募集を見つけるのが、楽なリゾートバイト(リゾバ)にありつくコツかなと思います。
 
  (楽なアルバイトの体験談 30代男性)

スポンサーリンク