インターネットが発達した現代においては、自分に合った職場に就くためには、求人情報サイト、派遣会社、ハローワークインターネットサービス、転職エージェントなど求人媒体をうまく活用することがキーになってきます。
スポンサーリンク

転職活動をしている方であれば「転職エージェント」をうまく活用するというのもおススメの方法です。一度登録しておけば、マッチング率の高い求人の紹介、履歴書など書類の添削、模擬面接、転職相談などいろいろ登録者の転職支援をしてくれる便利な存在です。転職エージェントには非公開求人も多く、転職エージェントを通して結果的にキャリアアップできたという転職者の声も多く集まっています。

旅行会社のパンフレットを配るバイト

私は大学生のとき、旅行会社のパンフレットを配布するアルバイトをやっていました。駅前や商店街の一角で、通行人に旅行会社のツアーが掲載されているパンフレットを配っていく。それが仕事内容の全てでした。笑顔で「旅行会社の○○です。よろしくお願いします!」と声を掛けながら配布するわけです。
旅行会社のパンフレットを配るバイト
この旅行会社パンフレット配りのアルバイトをしている子は、大学生、短大生が多かったです。ですから、あまり上下関係もなく、皆でワイワイ楽しみながらサークル気分でアルバイトをしていました。
ときどき、社員さんが見周りにきて、きちんと配っているかをチェックされることもありましたが、笑顔で元気よくやっていれば問題ありませんでした。また配布枚数のノルマも特になく、あまり配れない日があっても叱られることはありませんでした。
ちなみに、私自身、旅行が趣味なので、そのように旅行会社のツアーが載っているチラシを見るのが楽しみでした。これは仕事には必要ないことですが、私は配る前に趣味がてら目を通すようにしていました。
その上で、「あの料金の安いオトクツアー見つけて欲しい!」「あの部分に載っているツアー、楽しそうだよ!」みたいなことを思いながら、パンフレットを配布していました。すると、自然と元気が
出てきて、あっという間に時間が経過していたのを覚えています。
私達パンフレット配りのアルバイトは、基本的にツアーの内容を聞かれたり説明をしたりすることはありませんが、自分の趣味とリンクしていただけにやりがいがありました。また、旅行好きにとっては、いち早く、オトクな旅行商品を知ることができたのでオトクだなとも感じましたね。
チラシやティッシュなど通行人に何かを配るアルバイトの場合、立て続けにもらってくれなかったらショックを受けるという人も結構多いみたいです。私も全く自分と関係ものを配るなら、そのように感じていたかもしれません。ただ、上記したように「旅行商品を知ってもらいたい」「オトクな情報を届けたい」という気持ちが優先していたので、ネガティブ思考に陥ることもほとんどありませんでした。
就職活動で忙しくなってこのアルバイトは辞めてしまったのですが、時間ができればまたやってみたいなと
思っています。オトクなツアー情報ゲットも兼ねて!
   (楽なアルバイトの体験談 20代女性)

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク